拉致と日本人

個数:

拉致と日本人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月20日 10時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 151p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000024297
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0036

内容説明

“拉致”は日本社会をどう変えたか?ヘイト・スピーチに抗する在日朝鮮人と、北朝鮮に拉致された弟の奪還に奔走した被害者家族との対話。

目次

第1章 拉致問題に取り組まない政治(なぜ政治を批判するのか;安倍晋三という政治家と拉致問題 ほか)
第2章 家族と国家(拉致される前の日常―新潟時代;拉致される前と後と ほか)
第3章 北朝鮮と在日朝鮮人(なぜ在日が拉致の標的にされなかったのか;人間関係で生死が分かれる国―なぜ生き延びられたのか ほか)
第4章 分断を超えて(拉致問題と在日バッシング;差別は快楽である ほか)

著者紹介

蓮池透[ハスイケトオル]
1955年、新潟生まれ。1978年に北朝鮮に拉致され、2002年に帰国した蓮池薫氏の実兄。「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)事務局長をつとめた。元東京電力社員

辛淑玉[シンスゴ]
1959年、東京生まれ。在日三世。人材育成コンサルタントとして企業研修などを行なう。ヘイト・スピーチに抗する市民団体「のりこえねっと」共同代表。2003年、第15回多田謡子反権力人権賞、2013年、エイボン女性賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

拉致された弟のために奔走した兄。差別に抗い続ける在日コリアン。不条理への怒りと人間への信頼が生み出した奇跡的出会い。