女の人権宣言 - フランス革命とオランプ・ドゥ・グージュの生涯

女の人権宣言 - フランス革命とオランプ・ドゥ・グージュの生涯

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 294,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000002561
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0022

出版社内容情報

人権宣言には女の人権は含まれていない―これを最初に批判し「女の権利宣言」を書いたのがグージュ(1748~93)だった.美しく才気に恵まれながらも最期は反革命の汚名をきせられギロチンの露と消えたその波乱の生涯を描く.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mana

0
オランプはフランス革命の人権宣言が男性だけのものだったことに対して抗議したフェミニストの先駆け。最近(80年ごろ)取り上げられるように(フランスで)なったらしい。日本ではまだまだ無名著者のオリヴィエ・ブランは新進気鋭のフランス革命史研究かでオランプを有名にしたのも彼女らしい。  とても良く調べてあると思う。とても面白かった。物語性よりも研究書という感じで川島慶子のマリー・キュリーみたい。オランプのキャラクターも気に入った。非難されるほど闘志が燃え上がるトコとかつい感情的になってカッとなってしまうトコとか。2011/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2178566

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。