小樽の反逆―小樽高商軍事教練事件

小樽の反逆―小樽高商軍事教練事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000002516
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

1925年、軍事教練が全国の中学校から大学にいたるまで「正課」として実施されることになった。雪虫が舞いはじめた10月15日、小樽高商でも初めて軍事教練が行われることになる。当初は「遠足ぐらいの気持ち」でのんびりしたものだった。ところが、配布された軍事教練の“想定”文書が大問題に―。小樽高商から挙がった抗議の声は全国に広がっていく。小林多喜二・伊藤整・山田順子・岡田嘉子など多彩な人物が登場。当時、小樽で判事をしていた筆者の父の目を通して描く迫真のドキュメント。

目次

大正デモクラシーの残光
ハイカラ港町小樽
小樽高商と小林多喜二
巣立ちの街
小樽高商軍教事件
軍靴の足音

出版社内容情報

1925(大正14)年,「朝鮮人暴動」を想定した軍事教練の実施に小樽高商から挙がった抗議の声は,全国に広がった.しかし治安維持法下の弾圧,町には軍靴の足音が――.小樽の判事だった著者の父の目を通して描くドキュメント.