ロシアの博物学者たち―ダーウィン進化論と相互扶助論

個数:
  • ポイントキャンペーン

ロシアの博物学者たち―ダーウィン進化論と相互扶助論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年12月13日 02時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 407p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784875022053
  • NDC分類 467.5
  • Cコード C1040

内容説明

ダーウィン進化論の中心概念「自然淘汰」には、マルサスが『人口論』で説く「生存闘争」が隠喩となっている。19世紀半ば『種の起原』を読んだロシアの博物学者たちは、つぎつぎと、この隠喩としての「生存闘争」に抵抗を示し、マルサス抜きのダーウィニズムを唱えた。植物学者ベケトフ、生理学者メチニコフ、魚類学者のケッスラーも、地質学者のクロポトキンも、その研究実績やフィールドワークから闘争なき進化を証明し、むしろ進化の要因は生物の相互扶助にあると語る。革命前夜の気高きロシア科学精神の抬頭。

目次

第1章 ダーウィンの隠喩とロシアの読者
第2章 マルサス、ダーウィン、およびロシアの社会思想
第3章 ベケトフ、植物学、自然界の調和
第4章 コルジンスキー、ステップ、突然発生の理論
第5章 メチニコフ、ダーウィニズム、食作用説
第6章 ケッスラーとロシアの相互扶助論の伝統
第7章 クロポトキンの相互扶助論
第8章 セヴェルツォフ、ティミリヤーゼフ、および古典的伝統