わたしの旅ブックス<br> 花嫁を探しに、世界一周の旅に出た

個数:
電子版価格
¥715
  • 電書あり

わたしの旅ブックス
花嫁を探しに、世界一周の旅に出た

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月20日 04時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 504p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784863113770
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0026

出版社内容情報

離婚により失意のどん底に落ちてしまった敏腕テレビディレクターが、花嫁探しの旅に出た!英語力ゼロでスタートし、韓国、タイ、インド、ペルー、スーダン……多くの“女性“と”トラブル“に遭遇しつつ、なぜか旅の行き先はテロ支援国家ソマリアへ!?バツイチおじさんがひとり旅を通して見えてきた本当の「自分」とは……。抱腹絶倒・感慨無量のノンフィクション巨編!

内容説明

離婚により失意のどん底に落ちてしまった敏腕テレビディレクターが、花嫁探しの旅に出た韓国、タイ、インド、ペルー、スーダン…そして、なぜかテロ支援国家ソマリアへ!?旅を通して見えてくる本当の「自分」とは?抱腹絶倒・感慨無量のノンフィクション巨編!!

目次

第1部 世界一周花嫁探しの旅(おじさんが旅に出る理由;韓国;フィリピン;タイ;ベトナム;カンボジア;タイ;スリランカ;インド)
第2部 風の旅人(ペルー;スーダン;エチオピア;ソマリア;帰国)
最終章 「世界一周花嫁探しの旅」

著者等紹介

後藤隆一郎[ゴトウリュウイチロウ]
1969年大分県生まれ。明治大学卒業後、IVSテレビ制作(株)のADとして日本テレビ「天才たけしの元気が出るテレビ!」の制作に参加。続いて「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)の立ち上げメンバーとなり、その後フリーのディレクターとして「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ)「トリビアの泉」(フジテレビ)をチーフディレクターとして制作。2008年に映像制作会社「株式会社イマジネーション」を創設し、「マツケンサンバ2」のブレーン、「学べる!!ニュースショー!」(テレビ朝日)「政治家と話そう」(Google)など数々の作品を総合演出やCM監督として手掛ける。離婚をきっかけにディレクターを休業し、世界一周に挑戦。その様子を「日刊SPA!」にて連載し人気を博した。現在は、映像制作だけでなく、YouTuber、ラジオ出演など、出演者としても多岐に渡り活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ソニックゆうすけ

1
感想サボッてしまったので、大分期間が空いたけど、この本相当面白かった。深夜特急の花嫁探しバージョン。著者はずっとTV番組を作ってきた人。結構ナンパなきらいもあるけど、意外と誠実で恋愛の駆け引きがドキドキする。大体において著者の自意識過剰だったり、すれ違いだったり、邪魔が入ったりで全然うまくいかない。でも、同年代が恋愛しているのを楽しく読ませてもらった。社会的になってしまう後半より、前半のノリの方が断然好み。2024/02/25

コピスス

1
離婚をきっかけに、敏腕テレビディレクターが花嫁探しの旅に出る。前半は女性に出会うたびに、この人が運命の人か?と品定めしていたけど、後半はただのバックパッカー旅になっていく(それについては最終章で述べられている)バックパッカー経験者にはなかなか共感できる部分が多い本。帰国後最初に何が食べたいかっていうのは、みんな考えることなんだなー。私はご飯と味噌汁と漬物が食べたかった。リクエストする間もなく、お母さんが高菜チャーハンを作ってくれたとこが笑えた。2023/11/03

もしもしかめよ

1
随所に出てくる映画や音楽の記述が、テレビ業界にいた著者ならではのコメントで面白かった。全編通して感じたことは著者は非常にバイタリティーに溢れた常識人だということである。2023/10/11

ちひろ

0
SPAの連載楽しみに読んでいました。軽妙な文章で綴られるドタバタ恋物語は面白いけれども、やっぱり「TV的」で、女性たちにカメラが向けられているようで、ゴシップ記事を読むような罪悪感もあった。しかし著者はそこにもしっかり向き合い、苦しみ、一つの結論に向かっていく。これこそ読みたかったものだった。何より連載分と書き下ろし分での文体の違いが凄まじい。アフリカの部分など自分が犯罪に巻き込まれたかのようにヒヤッとし、こんなに真に迫る文章を書ける人なのだと衝撃を受けた。書き下ろし分が著者の真骨頂。2024/03/31

ケント

0
よんて2024/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21438049
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。