利き蜜師物語〈4〉雪原に咲く花

個数:

利き蜜師物語〈4〉雪原に咲く花

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月30日 12時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863111905
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

読書メーター第1位の人気シリーズ、驚きと感動の最終話!ついに魔術師の王に戦いを挑む仙道とまゆ。やがて仙道の体にある変化が…。『利き蜜師物語』ついに完結!


冬のカガミノで、奇病トコネムリが突然変異を起こした。
一気に罹患していく村人たち。
仙道は病のかげに銀蜂の王の存在を感じ取る。

すべての魔術師を己の支配下におき、世界を支配しようとする王。
まゆと仙道は命がけで最後の戦いに挑む。

やがて、仙道の体にはある変化が起き始め......。


読書メーター「読みたい本ランキング」3巻連続第1位!
反響続々の『利き蜜師物語』シリーズ、驚きと感動の最終話!

小林 栗奈[コバヤシ クリナ]
著・文・その他

六七質[ムナシチ]
イラスト

内容説明

冬のカガミノでトコネムリが突然変異をおこした。一気に罹患していく村人たち。仙道は病のかげに銀蜂の王の存在を感じ取る。すべての魔術師を己の配下におき、世界を支配しようとする王。まゆと仙道は命懸けで戦い、カガミノは表面上は平和を取り戻した。この戦いで力を使い果たした仙道は、次第に守り蜂・月花がわからなくなっていく。急激に衰え始める体。失われていく利き蜜師の力。そんな仙道に寄り添ったのは…。人気ファンタジー・シリーズ完結!

著者等紹介

小林栗奈[コバヤシクリナ]
1971年生まれ。2015年、第25回ゆきのまち幻想文学賞長編賞受賞。2016年『利き蜜師』で第三回「暮らしの小説大賞」出版社特別賞を受賞し、『利き蜜師物語 銀蜂の目覚め』(産業編集センター)として刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mocha

79
まゆの利き蜜師試験。協会のごたごたと銀蜂の不穏な気配の中で、過去の呪いは解けるのか・・個人的には仙道にはもう少しそのままでいてほしかったけど、物語上しょうがないな。アクションにあまり緊迫感がなく、ラスボスの小粒感が残念。好きな設定だったし読みやすくて引き込まれたけど、世界にあまり厚みが感じられず説得力が今ひとつ。次作に期待しよう。2019/03/08

mint-s

57
シリーズ最終巻。黒幕が現れてハラハラドキドキの展開でした。師匠の力が尽きていく中で懸命にみんなを守ろうとするまゆの姿にウルウルしました。まだ経験の少ないまゆに力を与えてくれたのは人の想いてした。「何よりも強い魔法は、人の想い」献本で頂いたこの作品、大いに楽しませてもらいました。2018/10/14

hirune

47
金のマスターが不死なら 守り蜂もずっと生き続けるのかな?と思いつつ読みましたが、守り蜂でいられるのも金のマスターの力の一環なんですね🐝月花との別れが悲しかったなぁ。。結局仙道はいつもの通り意外とヘタレで、まゆが今までの経験や人との心の結びつきで成長した力で頑張って危機を免れた感じでした。そして最後は意外なカップルが2組でき上がってるじゃん!とビックリして終わりました😅仙道には幼妻のために150歳くらいまで頑張って生きてほしい〜^^2019/05/17

りょうこ

38
シリーズ最終巻。今までの謎はちょっと残ってるので続刊希望(笑)今度はマユの銀国王の話したが気になりました!やっぱり続刊ほしーな!作家さん!気が向いたら是非とも続刊を!2018/05/30

ゆずきゃらめる*本とお花♪

34
祝・完結♪銀黒王(アンバール)を守り蜂にしたかとに悩むまゆだが、そんなのちっとも彼女らしくない。まゆはひとりじゃないんだから。利き蜜師ってなんだったんだろう。蜂蜜・蜜蜂を扱うモノ?扱うのにもリスクとそれに対する想いを忘れてはいけなんじゃないんかな。最初から最後までファンタジー楽しませて貰いました。2018/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12785846

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。