わたしの旅ブックス<br> 旅がグンと楽になる7つの極意

個数:

わたしの旅ブックス
旅がグンと楽になる7つの極意

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月17日 04時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784863111882
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0026

出版社内容情報

旅に関する数々の著作を世に送り出してきたベテラン旅行作家が、ラクして「海外ひとり旅」を楽しめる旅行術を伝授する一冊。アジアを中心にバックパッカースタイルで旅をし、旅に関する数々の著作を世に送り出してきたベテラン旅行作家が、飛行機の選び方から現地でのコミュニケーション、移動手段、食事をする場所やトラブルが起きた時の対処法まで、海外旅行の極意を伝授。シニア世代のための、誰でも実践できる“ラクして「海外ひとり旅」”を楽しむことができる旅行術を提案する一冊。著者自身の撮影による写真と、お役立ちコラムも掲載。

第1章 LCCには乗らない
第2章 ホテルは予約しない
第3章 同じ店に何度も通う
第4章 英語を喋らない
第5章 ホテルの部屋で夕食を食べる
第6章 下痢を怖がらない
第7章 Wi-Fiに頼らなくてもいい

下川 裕治[シモカワ ユウジ]
著・文・その他

内容説明

シニア世代のための逆転発想の旅行術。ベテラン旅行作家が教える“海外ひとり旅”を楽しむ方法。

目次

第1章 LCCには乗らない
第2章 ホテルは予約しない
第3章 同じ店に何度も通う
第4章 英語を喋らない
第5章 ホテルの部屋で夕飯を食べる
第6章 下痢を怖がらない
第7章 Wi‐Fiに頼らなくてもいい

著者等紹介

下川裕治[シモカワユウジ]
1954年長野県生まれ。ノンフィクション、旅行作家。慶応義塾大学卒業後、新聞社勤務を経てフリーに。『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)でデビューし、以後、アジアを主なフィールドにバックパッカースタイルで旅を続け、次々と著作を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

DEE

9
もちろん旅程には余裕がある方が旅は楽しめる。その辺のことを、「こうしたらどうかな?」みたいなゆるい感じで提案してくれる。ビロウな話で申し訳ないけど、下痢の章は読んでおいて損はないと思う。 自分は海外の旅先よりも日本の方がお腹を壊すので、海外だからどうするとかあまり気にしてはいないけど、気になる人は気になるみたいだから。2021/08/13

Quijimna

6
バックパッカーの巨人が、六十代になった時、どんな旅のスタイルを選ぶか、という話。 自分のこだわりというよりも、「楽になろうよ」というお誘いに納得。ネットもスマホも、その方が楽だから使うよね、と。★★☆☆☆2019/12/19

Hiroki Nishizumi

4
下川氏の本も多く読んできた気がする。たいてい毒にも薬にもならないホノボノ旅日記なのだが、この本も同類だった。暇つぶしには良いかもしれない。2019/07/14

patapon

3
一度だけ、初日と最終日以外宿を予め決めずに海外旅行したことがあったけどすごい冒険をした気持ちだった。宿を決めずに旅するとか旅で無理しないとか、レストランでの食事選びもお店の人にまかせてみるとか、向こうから来るものをゆるっと受け入れて楽しむスタンスの著者の旅の心得でした。2020/03/16

Yasutaka Nishimoto

3
著者のいつもの旅を再編といえばそれまでだが、シニアの旅に足踏みをしている人達には、テクニックになるかもしれない。少し海外の旅をやってみると、どこでも行けるのではと過信する。まぁ、いろいろ失敗してみたりするのも醍醐味だと思う。誤植、1カ所。2020/01/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12809900

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。