富士見ファンタジア文庫<br> くちづけよりも熱い拳―封仙娘娘追宝録・奮闘編〈1〉

電子版価格 ¥572
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
くちづけよりも熱い拳―封仙娘娘追宝録・奮闘編〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 267p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784829127735
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

赤い三日月が、一人の娘と髪の長い男、そして彼女たちを取り囲む無数の妖怪たちを照らしていた。「おいおい、いい加減にしてくれよ!和穂、一気にケリをつけるぞ!!」「え?ちょっとどうするの殷雷!?」起こりえない現象が起きている。妖怪が大量に出現したり、村人全員が酔っぱらいだったりするのは、すべて地上に飛び散った仙界の道具、欠陥宝貝のせいなのだ―。宝貝を回収するため仙術を封じられた元仙人の和穂と、お供で欠陥宝貝の殷雷刀に、今日も騒動が待ち受ける!大人気中華風異世界ファンタジーシリーズの短編集登場。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

お萩

8
本編と並行して短篇集も読む。筆者が会心の出来と、言うだけあって表題は内容と相まってイイ。酔っぱらい和穂と殷雷がかわいい。2015/04/10

DaikiK

6
再読。遥かな昔に読んだため記憶にはほとんど残っていない。1996年か・・・四半世紀前となると、すでに古典ラノベと言えるか。ラノベ全盛期、面白い作品も多い。2021/09/05

soundsea

1
あとがきの「本篇とやってることは何も変わらない」にわらった。軽い短編集2009/06/28

YU_KI

0
シリーズで実は一番最初に読んだ本。可愛い表紙のイラストに惹かれました。

kmori299

0
再読。タイトルがいいし表題作自体も面白いんだけど、レンゲの話が一番笑った。小物なんだけどおおごとになってる。2016/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/539406

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。