沖縄を深く知る事典

個数:

沖縄を深く知る事典

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月27日 08時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 493p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784816917561
  • NDC分類 291.99
  • Cコード C0525

出版社内容情報

『沖縄を知る事典』姉妹編

■「日本・アメリカとの相剋」「女性」「離島」「ことば」をテーマに、沖縄の過去・現在・未来をさらに深く掘り下げて、解説する事典です。

■編集委員はすべて沖縄在住者、現地で組織しました。

■「戦後」の沖縄の中で、政治的ビック・イッシューのかげに隠れてしまった重要な部分に視点をあてて、深く解説します。

■全項目に解題付きの参考文献を掲載。事項索引、人名索引付き。


●解説項目例
―日本・アメリカとの相剋―
「琉球処分」とは何か/天皇制社会への沖縄の改造/沖縄で戦争責任は問われたか/統治下におけるCICと世論操作-人民党と非合法共産党/沖縄人が爆発したコザ騒動/「祖国」意識と教職員-屋良朝苗と仲宗根政善/キャンプハンセン・キャンプシュワブの成立と今日の普天間・辺野古問題
―女性―
天皇制と女子教育/祭祀主導者としての女性の諸担/廃墟からの7人の沖縄女性リーダー
―離島―
「琉球弧」としての沖縄・奄美 サンゴ礁と海流と季節風とくらし、あるいは海域とネシア/島と国境-書き替えられる境界 主権と領土のつくられ方、あるいは国民国家のフレーム/大東島-「内国植民地」の誕生 帝国の欲望線/奄美にとっての復帰
―ことば―
沖縄語と方言/日本語への補完と異物としてのウチナーグチ/国民化と言語/歌い手とことば/映像とことば

内容説明

「日本・アメリカとの相剋」「女性」「離島」「ことば」の4テーマ/切り口から“沖縄”を深く考える。

目次

日本・アメリカとの相剋から見える沖縄(沖縄の「近代」に関する項目;「沖縄戦」に関する項目 ほか)
「女性」から見える沖縄(国家・男社会への従属とスキマ;米軍占領下の女性 ほか)
「離島」から見える沖縄
「ことば」から見える沖縄(沖縄言語共同体・ミクロ言語;「沖縄」の思考・所作・リズム ほか)
コラム