「化学の原理を応用するための工学的アプローチ」入門―副専門系のための化学工学基礎 (補訂)

個数:

「化学の原理を応用するための工学的アプローチ」入門―副専門系のための化学工学基礎 (補訂)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 148p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784797229929
  • NDC分類 571
  • Cコード C3043

内容説明

化学の原理の恩恵は、食料品、医薬品、ガソリン、化粧品などなどの化学物質そのものであったり、半導体の機能を利用するコンピューターや液晶機能を利用するテレビであったり、車の排ガス中の窒素酸化物を分解する触媒の機能であったり、廃水を処理する微生物の働きであったりで極めてさまざまである。化学の原理の恩恵に与るためには、そのための工業技術の裏付けが必要となる。本書はこの工業技術を開発し支えてゆくための考え方と方法、すなわち『工学的アプローチ』の基礎について習得することを目的とする。

目次

第1章 プロローグ
第2章 アプローチの準備
第3章 定常状態論
第4章 巨視的運動論
第5章 移動論
第6章 速度論
第7章 操作論・装置論
第8章 総合論