フーコーの後で―統治性・セキュリティ・闘争

個数:

フーコーの後で―統治性・セキュリティ・闘争

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月22日 08時22分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784766414042
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0010

内容説明

コレージュ・ド・フランス講義録を媒介に、1970年代後半のフーコーの問題系にフォーカス。気鋭の論客たちがフーコーを読み、使いまわし、今日の社会・世界に向かう新たな視座を提示する。

目次

1 統治性(戦争から統治へ―コレージュ・ド・フランス講義;インセンティヴとは何か?)
2 セキュリティ(“生存”から“生命”へ―社会を管理する二つの装置;グローバルな統治性)
3 闘争(イスラーム的統治は存在しない―フーコーのイラン革命論と対抗導き;革命と野蛮と、これがスローガンだ!―『「社会を防衛しなければならない」』を使うために)
フーコー・ファンク・犬(インタビュー)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mealla0v0

7
酒井隆史&渋谷望「フーコー・ファンク・犬」再読。90年代末~00年代初頭において(まだ講義録を参照できていない時点で)、フーコーの権力論を独自に発展させ、日本においていち早く新自由主義を批判していた酒井と渋谷。ドンズロやエヴァルドに触発されながら英国のカルスタ、米国の黒人運動(酒井『暴力の哲学』で考察されもするマルコムXの在り方、真実を語れば殺されるという少数者の生)から独自発展させたのだとか。そして、両者ともに日本における統治の歴史、その現在を見定めようとしている点は非常に勉強になるところ。2021/02/16

Mealla0v0

4
本書は、後期フーコーに主眼を置き、生政治、セキュリティ装置、統治性などを主題に執筆されたテクストを多数収録している。その多くは、『社会を防衛しなければならない』『安全・領土・人口』『生政治の誕生』の解説的側面を持ち、講義録の内容を堅実に押さえている。他方、「フーコーを使う」という側面を、本書は併せ持つ。特に芹沢一也「〈生存〉から〈生命〉へ――社会を管理する二つの装置」、土佐弘之「グローバルな統治性」は、その最たるで、刺激的である。酒井隆史&渋谷望のインタヴューも注目に値する。2017/02/11

アルゴス

3
規律とセキュリティの違いを日本の実例で考察した芹沢論文と、グローバルな統治性を現在の国際情勢に探った土佐論文が読み応えがある。まだまだフーコーも使いかいがある。★★★2018/01/12

ちゃーりー

3
読み終わった。 難しい。 個人的には芹沢さんのが一番好き 具体的個別的事例の話がメインで、そこから理論の話に持ってくるからわかりやすい。 芹沢一也『狂気と犯罪』も読んでいたし、この人の研究内容無しにはあまり骨格のある話ができないのではないかと思った 他では高桑さんの「インセンティブとは何か」を始めとして多くの論者が、市場経済の変遷=新自由主義が、「自由という状態を設計して誘導する」ことによって、統治システムとして働いているという点の話などがあった 2015/01/04

transzendental

2
中期フーコー(生権力のフーコー)に焦点をあわせた論文集。どの論文も面白い。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/201555
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。