インターネットを武器にした“ゲリラ”―反グローバリズムとしてのサパティスタ運動

個数:
電子版価格 ¥4,104
  • 電書あり

インターネットを武器にした“ゲリラ”―反グローバリズムとしてのサパティスタ運動

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年01月23日 06時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 376p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784766409529
  • NDC分類 391.3
  • Cコード C3031

内容説明

言葉を武器にするサパティスタ国民解放軍(EZLN)「インターネット戦争」と呼ばれる闘いの実態は?メキシコの“辺境”ラカンドン密林で発せられた反グローバリズムの叫びがなぜ世界の人びとの心を捉えたのか?バーチャル空間とリアルワールドで展開される彼らの運動を言説分析とフィールドワークによって検証する。

目次

多くの顔をもつメキシコと顔のない“ゲリラ”
第1部 インターネット戦争?(インターネット戦争の背景;インターネット戦争の主役たち;戦場になったインターネット;ネット外の戦争:低強度戦争)
第2部 サパティスタの闘争と言説の変容(テクスト分析;言説分析;サパティスタ闘争・言説の“ポストモダン”性)

著者等紹介

山本純一[ヤマモトジュンイチ]
1950年東京都新宿区馬場下町に生まれる。1972年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。1981年メキシコ大学院大学(エル・コレヒオ・デ・メヒコ)経済研究センター経済修士課程単位取得満期退学。現在、慶応義塾大学環境情報学部教授兼政策・メディア研究科委員。研究領域は、メキシコ地域研究・米墨国境地域研究(政治経済)、言説分析、スペイン語マルチメディア教材開発
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。