青空のむこう

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

青空のむこう

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月20日 08時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784763002112
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

ぼくはまだ決めかねてた。アーサーはぼくに背中をむけて歩きだした。そのとたん、エギーやママやパパや友だち、ぼくが知ってる人たちの顔が次々に浮かんで、どうしてももう一度会いたくなった。みんながいなきゃ生きていけない。死んでることだってできない。すぐにぼくは決心した。アーサーの後を追いながら呼びかけた。「待って、アーサー。ぼくも行く」アーサーは立ち止まってぼくを待った。それからふたりで駆けだした。“生者の国”を目指して―。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はっせー

145
感動した! 最初の章を読んでみて、森絵都さんの『カラフル』のような世界観なのかなと思った。だが、それとは全く違うものであった。カラフルの世界では亡くなった主人公が生きている人の世界である程度影響を与えることができる。だが、この青空のむこうは主人公が幽霊となってしまっているため生きている人たちに全く影響を与えられずにもどかしいものであったのである。そんな主人公をみて怖がらず何事にもチャレンジしないといけないと改めて思った!2019/07/22

うりぼう

136
小夏の読書感想文のために頼まれて買った本。彼女は、なんとか宿題は終えたようだ。30年ほど前に今は亡き桂枝雀さんが、死んだら命の塊に戻って、また、生まれる時を待つんだと新作落語をした。飯田史彦氏は、「生きがいの創造」で生まれ替わりを説き、浅田次郎氏は、「椿山課長の7日間」で浮世での心残りを描く。シックスセンスは、心残りの死者が見える少年の物語。魂魄この世に留まりて、エギーに一言伝えけむ。家族と友達の落差が、現実。その家族を捨てて、自殺する3万人以上の気持ちやいかに。ジェリーの作文もハリーの思いも両方真実。2010/10/03

ヴェルナーの日記

131
児童小説というジャンルにおいて、「死」というテーマを扱った意欲的な作品である。「死」という問題を、子供たちが、どのように捉えているのか、また、どのように感じるのかを、暗い印象を与えず、しかも「死」を賛美することなく作り上げた物語は作者の苦心が感じられる。物語の内容もすばらしく、読み聞かせとしては、一押しする俊逸な作品といえよう。2014/10/03

二代目 びあだいまおう

114
突然交通事故で死んだ幼い子供の後悔記。期せずして心ない言葉を発しそれが最後の別れの言葉になってしまった。思いもしなかった最後、突然の死。幼いながらも自分の死を受け入れてて、でも現世をのぞくと後悔ややり直したいことやゴメンねが次々と溢れる‼️生きたい!もう一度生きたい‼️エギーお姉ちゃん、あれは本心じゃなかったんだよ、愛してるよ‼️そう、生きていたら何でもやり直せるんだ、ほんの少しの勇気があれば❗映画『ゴースト』を思い出しました‼️大切にしよう、あなたの大切な人、そしてあなたの命を‼️🙇2018/10/07

雪うさぎ

108
やり残したこと。それは思いを伝えること。ちょっと言い過ぎたと謝ること。少年の願いはたったそれだけ。その余りにもささやかな願いに、胸が締めつけられる。死んでしまった少年のことなんか、みんな忘れてしまったかに見えたが、大切な人の心の中にはちゃんと残っていた。思いを遂げた少年が、再び旅立つとき、私は別れが辛くて泣きそうになった。だが、涙は似合わない。ユーモアを交えて語ってくれた少年の思い出には、笑顔が似合う。どこまでも澄み渡った青空のような物語。切なくて爽やかな風がすーっと私の心を通り抜けていった。2015/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/545638
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。