自分で採れる薬になる植物図鑑

個数:

自分で採れる薬になる植物図鑑

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月01日 18時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 319p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784760129973
  • NDC分類 499.87
  • Cコード C0645

内容説明

薬になる身近な植物約300種の特徴や成分、採り方、使用方法などを写真とともに解説。各植物の生育場所や採取時期、薬効がひと目でわかるアイコンつき。毒草やよく似た植物との見分け方、食用にもなる薬草の調理法と効能、家庭での栽培法など、類書では得られない情報をコラムで紹介。各項目は植物分類体系によって配列。症状や薬効、生薬名からも検索可能なマルチインデックス付。

目次

薬になる植物243種
薬になる野菜・ハーブ34種
毒草22種

著者等紹介

増田和夫[マスダカズオ]
1949年生まれ。昭和薬科大学助教授を経て、2005年より同大学天然物化学研究室教授。薬学博士。専門は生薬・天然物化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

20
昔の人たちは本当に自然に寄り添って暮らしてきたんだなあ…と感慨深かったです。自分で採集できる、とあるためか、どの植物も里山によくみられる植物で、なじみのあるものばかり。利用法も丁寧に説明されていて、種類によっては有効成分も書かれていて勉強になりました。症状別で調べられる索引もあり、使い勝手がとても良いです。家に一冊あってもいいかも。2020/09/30

あちこ

1
わたしの持っている本。毎日、寝る前に数ページずつ、読み繋いでいたもの。やっぱり図鑑はおもしろい。今夜からは何を枕元に置こうかな。2013/03/11

あちこ

0
わたしの持っている本。図鑑に首を突っ込むようにして読むのが好き。それぞれの植物のパラメータを眺めているだけで興奮する。一種の変態かもしれない。2014/01/05

yoshi

0
いいです。図鑑としての情報量に構成も。これ、手元に欲しいなあ。高いんだけどなあ。2013/08/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2008627
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。