ハルキ文庫<br> 炎の影

個数:

ハルキ文庫
炎の影

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月22日 13時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 612p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784758432313
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

日航機墜落事故から十年、かつて警察官として遺体確認の現場指揮を執った父の突然の死。不良と呼ばれて世間から弾き出され、前科者として裏社会以外に行き場所をなくした男は、二度と戻るはずのなかった故郷で、リゾート開発を巡るトラブルと孤児院を食い潰した非道な詐欺事件に遭遇する。薄幸な兄妹。見え隠れする地元暴力団と巨大組織の影。やがては日航機事故との思わぬ接点が…。希代のストーリテリングとリリシズムが冴え渡る名品、待望の文庫化。

著者等紹介

香納諒一[カノウリョウイチ]
1963年横浜生まれ。早稲田大学文学部卒業。91年「ハミングで二番まで」で第13回小説推理新人賞受賞。『時よ夜の海に瞑れ』(文庫版『夜の海に瞑れ』)で長篇デビュー。99年『幻の女』で第52回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。