沖縄の歴史と文化―海上の道探究

沖縄の歴史と文化―海上の道探究

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784642074322
  • NDC分類 219.9
  • Cコード C1021

内容説明

太古から比類のない文化を育んできた沖縄は、「海上の道」と称され、日本本土・中国・朝鮮・南方諸国との関係や交易など、東アジア圏の中でも独特の位置と文化を形成する。本書は、歴史学・考古学・民俗学等、多彩な視座からアプローチした沖縄を知るための最新の成果である。

目次

基調講演 『海上の道』の今日的意義
琉球諸島の先史時代
東アジア交易圏と琉球の大型グスク・寨官
奄美の考古学
沖縄と中国―派生的成立王国における貿易の状況
1月18日のシンポジウム まとめ
中・琉冊封関係―明代を中心に
古琉球の意義
近世琉球における染織生産と人頭税の研究―方法上の覚え書き
15~17世起の日琉関係と五山僧
1月19日のシンポジウム まとめ・総合討論

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

偽教授

0
講演とか対談をまとめた本でした。2012/10/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2217170

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。