• ポイントキャンペーン

ねずみの騎士デスペローの物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 283p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784591082935
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

出版社内容情報

ねずみらしくないデスペロー、彼が恋した王女、殴られつづけた下働きの娘、光を憎むどぶねずみ・・・愛と希望と寛容の心を綴る物語。

内容説明

人間のお姫さまに恋をして、ネズミ界を追放されたハツカネズミ、デスペロー。母親をなくした悲しみをかかえる美しいお姫さま。地下牢のやみに住み、光にあこがれとにくしみを抱くドブネズミ。いつか自分がお姫さまになると信じている下ばたらきの娘。それぞれのかなわぬ思いは、どこへゆくのでしょうか。愛とゆるし、そして勇気と希望に満たされた、あたたかい物語。2004年ニューベリー賞受賞の話題作。

著者等紹介

ディカミロ,ケイト[ディカミロ,ケイト][DiCamillo,Kate]
ミネソタ州、ミネアポリス在住。子ども時代の大半をアメリカ南部ですごし、フロリダ大学を卒業。児童向け、大人向けの作品を書いている。『きいてほしいの、あたしのこと―ウィン・ディキシーのいた夏』(ポプラ社)が2001年ニューベリー賞最終候補に。『ねずみの騎士デスペローの物語』が、2004年ニューベリー賞を受賞した

エリング,ティモシー・バジル[エリング,ティモシーバジル][Ering,Timothy Basil]
マサチューセッツ州生まれ。ボストン在住。空母キティホークの乗務員を務めた後、カリフォルニア州のArt Center College of Designを卒業

子安亜弥[コヤスアヤ]
名古屋市生まれ。南山大学外国語学部英米学科卒業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けろりん

53
暗く沈みこみそうな心を抱えて蹲る孤独な人の耳もとでささやくような、この物語が書き進められていたのは、2000年。本国アメリカで上梓されたのが2003年。翌年、本書はニューベリー賞に輝きました。お城に住むハツカネズミ一家の最後の赤ん坊は、とても小さい体に大きすぎる耳。生まれた時から目をぱっちりと見開いている、変わった子でした。食べ物を探すよりも、光や、音楽、お話を好む、小さな騎士の愛と勇気が剣となって、裏切り、憎悪、偏見が渦巻く闇を切り裂き、許しと理解の光を呼び込みます。辛いけれど、希望をくれる物語でした。2021/03/07

小夜風

26
【図書館】「愛をみつけたうさぎ」のケイト・ディカミロさんの紡ぐ、小さなハツカネズミの壮大な物語。「愛をみつけたうさぎ」も読んでいて辛かったのですが、こちらも心に突き刺さるようなお話でした。ハツカネズミにとって本はかじるものなんですね。でもデスペローはお話を読むことに喜びを見出だして……。何度も出てくる「むかしむかし、あるところに」が、最後の「物語は光だ」に繋がる時、涙がこぼれました。誇り高く生きていきたいですね。2015/09/04

つばめ

23
小さく臆病で体の弱いハツカネズミのデスペローが、人間のピー姫に恋をして愛を知り、騎士として勇敢な冒険をする物語。誰かを愛したり、物語や光など自分に希望を与えてくれる何かは、壁に立ち向かう上で大いなる力を与えてくれる。びっくりすると気絶しちゃうくらい弱っちいデスペローが、薄暗い地下牢にピー姫を助けるためにドブネズミと戦う場面はものすごく応援したくなった。2018/11/24

り こ む ん

23
読友さんからの拝借本。小さいけれど勇敢なハツカネズミの物語。勧善懲悪で無いところが良かったな(^^)ところどころ、言葉に付いての説明があるのが、なるほどな。など思ったり、心に射し込む言葉、香り、光の大切さを教えてくれる優しい本だった。2014/05/14

花林糖

17
(図書館本)小さな小さなデスペロー、体は小さいけれど勇気があって本物の騎士ですね。装丁と挿絵が素敵。スープが飲みたくなりました。2015/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/66081
  • ご注意事項