赤朽葉家の伝説

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784488023935
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

“辺境の人”に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の“千里眼奥様”と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。―千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の姿を、比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。

著者等紹介

桜庭一樹[サクラバカズキ]
1999年、「夜空に、満天の星」(『AD2015隔離都市ロンリネス・ガーディアン』と改題して刊行)で第一回ファミ通えんため大賞に佳作入選。2003年開始の“GOSICK”シリーズで多くの読者を獲得し、さらに04年に発表した『推定少女』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が高く評価され、一気に注目の存在となる。作風は多彩で、とりわけ閉塞状況におかれた少女たちの衝動や友情を描いた作品に独自の境地を見せている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiro

239
児玉清の「あの作家に会いたい」でこの本に出会う。鳥取で製鉄所を営む旧家の女三代、ひろわれっ子の万葉、元レディースから人気少女漫画家となった毛毬、語り手でなにひとつない瞳子の約50年を描いた大河小説。この長編には、毛毬を含め、波乱万丈の人生を送った女性がたくさん出てくるが、やはりこの物語の中心は、辺境の人に捨てられ、読み書きもできない万葉が、望まれて赤朽葉家に嫁ぎ、千里眼奥様として旧家を守っていく姿だ。でも万葉ように自分の子供が見える千里眼はつらいだろうなぁ。気になる毛毬の物語は製鉄天使で読むことにする。2011/10/08

遥かなる想い

220
2007年このミス国内第二位。 女系3代にまたがる壮大な話。赤朽葉家の醸し出す雰囲気はどこか八墓村に似ていると感じたのは私だけだろうか。万葉、毛毬と登場する女性も魅力的である。2010/07/24

ミナコ@灯れ松明の火

153
繋がっていく血と、時代と、赤い家に翻弄される女たち。それぞれに背負い、苦しみ、悟り、生きづらさを感じながらも前を向こうとする姿にぐっと胸が詰まった。「家」という小さな世界を描きながらも時代背景にまで思いを馳せさせる壮大さが素晴らしい。赤い家と製鉄所の黒い煙と、色合いがリアルに脳裏に映し出されていい意味で酔った。ラスト、全てが終焉するのではなくビューティフルワールドへ向かい、まるで何かを掴むために未来へぐっと手を広げるような気分で本を閉じられるのも良かったと思う。2012/01/10

エンブレムT

153
腐りかけた紅葉の『赤』を思い起こさせる旧家の物語・・・ドロドロ展開かと思いきや意外にも軽やかな面白さでした。千里眼奥様・万葉。手負いの美獣のような・毛毬。悩みながら現代を生きる・瞳子。女達三代に渡る赤朽葉家の物語。それぞれが生きる『時代の持つパワー』が反映されてるような彼女達の個性。実際の日本経済史を織り交ぜた、虚実入り乱れた絶妙なファンタジーとして楽しんでたのですが、なんとミステリー仕立てでした!万葉の淡い恋心と、不思議な友情が良かった。2010/06/30

風眠

143
1953年(昭和28年)から現代にかけて、旧家である赤朽葉家・三代にわたる年代記。一代目万葉・電波系、二代目毛毬・ヤンキー、三代目瞳子・ニート、それぞれ個性が強く、ある意味で運命に逆らわず、ある意味で正直に、自分のために生きた女たちだと思う。すでに物語になってしまった時代と、人と、世界と、そしてまだ物語にはなり得ない、今へと。物語が進むにつれて、エピソードが薄まっていくように感じるのは、そういう作家の意図なのかとも思う。古めかしく堅苦しい文章の中にも、人を食ったような表現をさらりと含む感じは嫌いじゃない。2012/11/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574060

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。