リュミエール叢書
『ブレードランナー』論序説―映画学特別講義

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 243p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784480873156
  • NDC分類 778.253
  • Cコード C0074

内容説明

主要なシークエンスとショットを追って、物語と映像の展開をテクスト論的立場からダイナミックに解きほぐしつつ、映画技法と映画史と映画理論についての再検討をもおしすすめる野心的な論考。

目次

発端
導入
概説
面会
捜査
階梯
幕間
奸計
解析
処分
密会
友愛
再会
対決
掉尾

著者等紹介

加藤幹郎[カトウミキロウ]
1957年長崎市生まれ。映画批評家。映画学者。京都大学大学院人間環境学研究科助教授。京都大学博士。著書に『映画とは何か』(吉田秀和賞受賞)など。電子ジャーナルCineMagaziNet!編集委員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

12
一言で言うと、『ブレードランナー』をバルト的な方法で批評するという試み。著者はテクスト外現実に存在する枠組み「ジャンル」と、「映画的テクストの肌理」の示す情報を往還して批評を練り上げている。そんな著者のスタンスは、監督リドリー・スコットの意見をすら退ける。それは映画(の映像と音)に真摯に向き合った結果であり、全編に渡って精緻な読みとしか表現しようがない批評が展開されている。多少牽強付会な点は見受けられるが、一つの映画を対象にしてここまで徹底的な読解を行っている本が他に存在するのだろうか、と思わせる一冊。 2020/04/05

tama

1
強烈に面白い。大学に入り直して加藤先生につきたい。2017/03/26

ここ

1
精緻な分析による解説は自分の見たブレードランナーとはまるで別の話のようだった。映画を見る事の楽しさを教えてくれたわ。2012/10/15

まるお

0
流し読み。専門用語がよく分からん。話がブレードランナーでなく、映画史や映画論に脱線することが多いので、そういうところをとばして読んだ。冒頭の青い瞳に関する解釈には納得感があり、ブレードランナーを見直したくなった。2014/04/13

彼方から

0
バルトの影響の下にブレードランナーを読みといた本。「読むことは繰り返すこと」など名言多し。作者の意図を考えたい人には向かない。2014/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/422975

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。