ちくま文庫
古書狩り

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480035509
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

古書街で見かけた美女と老人の謎の行動…、その秘密を解く鍵は古本のどこに隠されているのか?本の取り憑かれた者の執念を描いた表題作。狙った古書の獲得のためなら悪魔に魂まで売る男たち。恋愛よりもコレクションを選んだ男の恐るべき末路。鬼気迫るもの、爽やかな結末のもの、古書マニアの驚くべき姿を描いた最高に面白い連作小説集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

佐々陽太朗(K.Tsubota)

48
このところ『せどり男爵数奇譚』、『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ、『東京バンドワゴン』シリーズと読み込んできての本書である。ミステリ、SF、ブラック等、さまざまなテイストで面白く読ませてくれる。本好きとして書痴の生態にニヤッとしたり、ぞわっとしたり。中でも「本の虫」という話は忘れられそうにない。読書メーターの読書家ランキングにランクインして喜んでいる場合ではない。ある朝、目を覚ましたら紙魚になっていたりして……。そんなカフカのような不条理に搦め捕られたらなどと想像するだけでぞわっと……おーこわっ……2012/05/19

ゆいまーる

20
古書を題材にしたSF&ミステリー短編9作。オーソドックスなオチともいえるが、どの作品にも安心してのめり込める安定感がある。しかし、古書マニアまで行き着くと本当に恐ろしい。2014/06/11

5〇5

6
整いました! 「古書」とかけまして、「河村名古屋市長」とときます。 その心は、まず、思い浮かぶのが「神田(噛んだ)」です!2021/08/27

岡本匠

3
ハチャハチャSF作家であり、明治・大正期など古典SFや冒険小説などの研究家でもある著者による古書をテーマにした短編集。 ホラー、SFとなんでもありだけれど、古書にまつわる薀蓄は中々のもの。古書好きは必読!2015/04/28

yamakujira

3
古書にまつわる9話の短編集。ホラーあり、ミステリーあり、SFあり、いろんなジャンルの物語が楽しめる。ぞくっとする話がクセになりそうだな。表題作の「古書狩り」がミステリー仕立ての恋物語だったり、「思い出コレクション」が怖い話だったり、タイトルにミスリードされるのも一興だ。古書好きな作者が、自分も楽しんで書いているような物語だね。 (★★★☆☆)2014/09/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/374618

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。