ちくま文庫<br> 夢見る頃を過ぎても―中島梓の文芸時評

ちくま文庫
夢見る頃を過ぎても―中島梓の文芸時評

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 267p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480034717
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0195

内容説明

文芸誌はいったい誰が読んでいるのだ!?みんなが思っていても口にしなかったことをズバズバと指摘する。吉本ばななはほんとうにすごいのか!?ダブル村上をどう読む!?1960年の文芸誌をひもとけば!?つぎからつぎへと舌鋒するどく斬り込む中島梓流無敵の文芸批評。

目次

不思議の島のガリバー
ガリバーばななを読む
欲望という名のファンタジー
新人賞、今日はどこまでいったやら
1960年のゲートボール
ムラカミは電気ヒツジの夢を見るか
少女たちの見る夢は
夢見る頃を過ぎても
文学を殺したのはだあれ「わたしだわ」と大江健三郎がいった
今日の世界は演劇によって再現されるか’94
ベストセラーの構造’94
何処へ―時評のさいごに
リリパット島を遠く離れて

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

11
中島梓が1994年度の「海燕」に書いた文芸時評。これは90年代後半のうちに単行本で読んだ記憶がある(そういや、その数年前に現代国語の時間で「わが心のフラッシュマン」の抜粋を読んだのだった)。80年代の評論と異なり、もうくだけた「あとがき」文体になっているが、(笑)(爆)は使われてないのでこちらの心も乱れない。かつて、純文学であっても必ずしも面白くないものではなかったという回顧、20年後に読むとさらにしんみりする。ばなな、W春樹、笙野頼子、阿部和重、奥泉光らへの寸評には、適当な言葉が選べない…2018/04/04

笠井康平

1
「いまこそ帯をすて小説のなかみだけを眺めればよいのである――そして面白くない小説にはもっとブーイングの声をたかだかとあげ、もっと自由に小説を面白がろうではないか。」(本文より)2012/06/10

てら

1
へだらなコラムでよいところを、全力で書いてしまう。ものすごく誠実な人だ。なるほど、何度もガンから生還し、そして再発して死ぬのも無理はない。他に例を挙げれば手塚治虫や石森章太郎や藤子F不二雄のように、燃え尽きて寿命を迎える人は、だいたい60歳前後で亡くなる。それは勲章だと思う。しかし、残された我々はどうすればいいのだ。もう、誰にも頼らずに一人で戦うしかないということか。2009/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/478240

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。