ちくま文庫<br> 焔に手をかざして

ちくま文庫
焔に手をかざして

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 260p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784480026491
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

雨の音を聞かなくなって久しい―。雨だれの音、土にしみ込む雨足。便利になって得たものと、失ったもの。都会で一人暮らす詩人の胸をよぎるゆかりの人、なつかしい日々。それはやさしさと残酷さ、人生の重みに彩どられている。豊かな感性ですくいとられた人生の哀歓。

目次

1 暮しの周辺
2 言葉・読むこと書くこと
3 ゆかりの人・人
4 この岸で

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

^o^っpe

1
昭和50年頃のことがりんさん目線で語られている。まだ戦争の記憶が残っていたんだなぁ。大昔読んだ詩集を思い出し、同じ頃読んだ蛙の詩が印象的な草野心平氏に「僕ァ、前に岡本太郎にもいったことがあるんだ。ウン、人がスピーチしているとき、しゃべるのは日本人の悪いとこだよ」と情熱的で充分いたわりをこめたお小言をもらった逸話が楽しい。2016/04/24

めめたそ

0
図書室本。石垣りんの詩はどこか、しっかりとした自分がいて、けっこう好きなのだが、それらの詩がどんなバックグラウンドを持って作られたかが、なんとなく垣間見える随筆集だった。複雑な家庭環境、早くから職業に就きお金を稼ぐ生活、さまざまなことを感じ取る感性―。石垣りんという人物のことがもっと気になるし、好きになる一冊だった。2011/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/948473

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。