祥伝社新書<br> ニッポンを蝕む全体主義

個数:
電子版価格
¥924
  • 電書あり

祥伝社新書
ニッポンを蝕む全体主義

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月20日 03時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 195p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784396116569
  • NDC分類 311.8
  • Cコード C0295

出版社内容情報

新しい全体主義の正体とは!?

近代の大衆が生み出したイデオロギーが、「全体主義」である。困難と義務を放棄した〝できそこないの個人〟が全体主義社会を望むのだ。20世紀のナチスやソ連、現代では中国などが全体主義国家として挙げられるが、むしろ日本の症状のほうが深刻だと著者は警鐘を鳴らす。
そもそも「自己欺瞞」によって近代を受け入れた日本は、全体主義に対峙すべき「保守」が根付かなかった。そこへ、合理性と効率性を追求するグローバリズムと社会の分断を煽る新しいテクノロジーが浸透し、人間性の抹殺が日々進んでいる、と。
我々に残された対抗手段はあるのか? ニッポンを蝕む全体主義の正体を暴く。

内容説明

近代の大衆が生み出したイデオロギーが、「全体主義」である。困難と義務を放棄した“できそこないの個人”が全体主義社会を望むのだ。20世紀のナチスやソ連、現代では中国などが全体主義国家として挙げられるが、むしろ日本の症状のほうが深刻だと著者は警鐘を鳴らす。「自己欺瞞」によって近代を受け入れた日本には、全体主義に対峙すべき「保守」が根付かなかった。そこへ、合理性と効率性を追求するグローバリズムと社会の分断を煽る新しいテクノロジーが浸透し、人間性の抹殺が日々進んでいる、と。我々に残された対抗手段はあるのか?ニッポンを蝕む全体主義の正体を暴く。

目次

第1章 大衆が「指導者」を生み出す
第2章 支配されたい人たち
第3章 夏目漱石が見抜いた日本の行く末
第4章 アレクシ・ド・トクヴィルの予言
第5章 維新の会はナチスの再来か?
第6章 安倍晋三は財界の下請けだった

著者等紹介

適菜収[テキナオサム]
1975年、山梨県生まれ。作家。著書は、ニーチェの代表作「アンチクリスト」を現代語訳した『キリスト教は邪教です!』『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?』『日本をダメにしたB層の研究』(ともに講談社)など40冊以上(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Isamash

28
作家の適菜収2022年出版著作。近代の大衆が全体主義を生んだ。即ち出来損ないの個人が全体主義を望んだと説く。自分も卓越した政治リーダーを望む気持ちは確かにあり、それが広がった時に全体主義が生まれるということか。維新の橋本徹や安倍晋三を保守主義(人間理性や正義を疑うという)の立場から糾弾。私自身も正義は暴走すると思っていて抜本的改革と叫ぶ輩こそ危ない、漸進的修正こそ改革の早道と考えていて、保守主義そのものかも。小室直樹によれば歴史的に、政治に清廉潔白を求める時こそ独裁に繋がりやすく、今は危ない時期とも思える2023/12/24

さきん

28
まずは、オルテガの大衆から。考えることをやめ、安きに大きな流れに身をまかせる人々のムーブメントが全体主義へ。今の日本でいえば、選挙でこれだけ腐敗しているのに自民党以外選択肢ないといれてしまう流れ。かといって第二党は改革の下何から何まで破壊しつくしそうな維新。西欧では、個人の確立を重視するが、日本は東アジアらしく個の確立が弱く(それが悪いというわけではない)、その中でも一人ひとりが武士的姿勢というか、高い見地を身に着けるべく本書で上げられたような先人の著作でも読んでいくしかないのではないかと思う。2022/09/10

スターライト

8
全6章のうち最初の4章は、全体主義が近代化によって生まれ国によってその特性も違うので、その国の分析が必要なことをオークショット、オルテガ、アーレントらの理論も踏まえながら指摘。その上で、内発的に近代化がすすめられた西洋と、鎖国から開国へと移る中で外発的に近代化が進められた日本の違いもふまえながら日本の現状と危険な兆候に警鐘を鳴らす。最後の2章はここまで書いて大丈夫かとの危惧も抱くほどの大ナタぶり。巻末の解説にあるように、現状を打破するためには「自分に多くを求め、進んで困難と義務を負わんとする」必要がある。2022/06/24

Eiki Natori

6
他の著作と内容が似通っている。もちろん著者の本を読んだことのない方にはオススメであり、全体主義とはどのようにして起こるのかというメカニズムを、古典から紐解くことで理解できる一冊。 ウクライナ戦争では、私は全体主義的なものを、左右問わず感じているものがあり、それに異論を持つことを「カルト」「陰謀脳」と切り捨てる風潮にキモさを感じている状況もあり、筆者には異なった切り口で看破してほしいと思っている。2022/05/02

黒頭巾ちゃん

5
▼大衆とは自由になり、彷徨い、周りと同質化を求め安心する。自分で決めることは負担になる。自発的ではない▼大衆は同質化する指示を政府に求める▼星は人間理性を違う人間は完全な存在ではなく間違うから正義を警戒▼国家は国民を束ねるために接合材として神話や民族物語を利用する。ナショナリズムは民族一旦バラバラにして神話で結合させる▼大衆は情緒に流される。事実ではなくわかりやすい世界観を示してくれる人▼為政者は真実を隠すために言葉を変える2023/03/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19637412
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。