のじぎく文庫<br> 兵庫県の難読地名がわかる本

個数:

のじぎく文庫
兵庫県の難読地名がわかる本

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 358p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784343003829
  • NDC分類 291.64
  • Cコード C0025

内容説明

五百蔵、食満、紫合、木器、和坂、国包、河間町、百合地、安口、倭文…「へえ~ッ」と驚く読み、全く読めない地名。太平洋から日本海まで、広大な兵庫県に散らばる難読地名の由来を調べてみると、地域それぞれの歴史と文化が浮かび上がってきた。摂津、播磨、但馬、丹波、淡路の五カ国を訪ね兵庫県の難読地名の謎に迫る初めての雑学辞典。

目次

1 読めそうで読めない駅名の由来と歴史
2 神戸市九区(摂津国・播磨国)
3 阪神(摂津国)
4 東播磨(播磨国)
5 西播磨(播磨国)
6 但馬(但馬国)
7 丹波(丹波国)
8 淡路(淡路国)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしひろ

7
日本の縮図といわれる兵庫県。県内でも地域差がある。その地名には歴史が感じられる。消えた地名も取り上げている点が見事。文化的価値のある1冊。宍粟市が西日本の難読地名のトップであったと新聞で見たことがあった。地元としてはどれだけ難読であれ、親しみがわく。2015/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1661403

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。