環境と生命

個数:
  • ポイントキャンペーン

環境と生命

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 308p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130350457
  • NDC分類 320.8
  • Cコード C3330

出版社内容情報

国の内外を超えて深刻化し,生命をも脅かす環境問題に法は応えられるか? 環境・生命という21世紀型の問題解決に向けて,国内・国際の両次元から,科学的知識を踏まえ科学技術と法の関係を多角的に分析,具体的事例に則して実践レベルの提言を試みる.

内容説明

環境・生命を脅かす21世紀型の諸問題克服に向け、科学的知識を踏まえ科学技術と法の関係を分析、実践レベルの提言を試みる。

目次

1 科学と社会のインターフェース(リスク行政の手続法構造;放射性廃棄物規制における社会的要因と科学的根拠―日欧米比較より;食品安全規制の差異化と調和化―科学的知識、経済的利益と政策判断の交錯)
2 法的手法の多様化(環境法における費用負担論・責任論―拡大生産者責任(EPR)を中心として
医療における法化と規範の役割―法の過小と過剰
ドイツ環境法及びヨーロッパ環境法における統合原則)
3 国際的動態(国際環境枠組条約における条約実践の動態過程―1999年産業廃棄物輸出事件を素材にして;オゾン層保護条約の国内実施体制と過程―国内事業者の取組みに焦点を当てて;捕鯨問題―海洋生物資源の国際管理制度をめぐる一考察)

著者等紹介

城山英明[シロヤマヒデアキ]
1965年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科助教授(行政学)

山本隆司[ヤマモトリュウジ]
1966年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科教授(行政法)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。