「三島由紀夫」とはなにものだったのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 382p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104061044
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

「同性愛を書いた作家」ではなく、「書かなかった作家」。恋ではなく、「恋の不可能」にしか欲望を感じなかった人。―「虚」としての存在を生きた三島のロジックを、『豊饒の海』ほか諸作品の精緻な読みからスリリングに解析する。

目次

第1章 『豊饒の海』論
第2章 同性愛を書かない作家
第3章 「女」という方法
終章 「男」という彷徨
補遺 三島劇のヒロイン達

著者等紹介

橋本治[ハシモトオサム]
1948年、東京生まれ。東京大学文学部国文科卒。イラストレーターを経て、77年、小説『桃尻娘』を発表。以後、小説・評論・戯曲・エッセイ・古典の現代語訳など、多彩な執筆活動を行う
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

蛸墨雄

7
読んだよ、読んだ。憧れの三名の名が連なるご本だものね。第1回小林秀雄賞受賞作品。正直な感想は小説ってここまで掘り下げて読まないといけない!??ってことでした。また、ある作家の作品を各々関連付けて読む必要かぁとか、その当時作者が他に行っていた活動なども頭に入れて小説って読まないといけないんだとか、なんだか小説読むのってタイヘ〜ンって読者に思わせる悪本であるのかもしれない、このご本はと感じたのでした。2019/02/10

つちのこ

4
この人の頭の構造はいったいどうなっているんだろう。あまりにも理路整然と、冷静に、それもしつこく三島を語る、その頭の中身を覗きたくなる。これまで多くの三島評が出されてきたし、自分なりに中途半端に目を通してきたが、三島ならではのひねった論理を解析するという手法は、目からウロコが落ちるような鮮やかさを感じた。やっぱり橋本治はただ者ではない。 三島作品に隠された「秘密」を、薄皮のベールをはがすようにしながら証明する著者の手口に感心するにつれ、今更ながらに三島の天才性に驚く。⇒2002/03/07

v&b

4
名著。ここ数年読んだ批評の中でベスト。悲しい人間の話。ひとごとではない。2008/07/01

てら

3
数あるミシマ論の中でも白眉だと思う。個人を語ることはイコール社会・時代を語ることになるのだ。

笠井康平

2
著者にとってはお父さん世代の大スターのことを「なんとなく好きになれなかった理由」がちゃんと書いてあるのです。2011/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/489274

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。