新潮文庫<br> リア王 (改版)

個数:
電子版価格 ¥539
  • 電書あり

新潮文庫
リア王 (改版)

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年09月29日 03時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102020050
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

内容説明

老王リアは退位にあたり、三人の娘に領土を分配する決意を固め、三人のうちでもっとも孝心のあついものに最大の恩恵を与えることにした。二人の姉は巧みな甘言で父王を喜ばせるが、末娘コーディーリアの真実率直な言葉にリアは激怒し、コーディーリアを勘当の身として二人の姉にすべての権力、財産を譲ってしまう。老王リアの悲劇はこのとき始まった。四大悲劇のうちの一つ。

著者等紹介

シェイクスピア,ウィリアム[シェイクスピア,ウィリアム][Shakespeare,William]
1564‐1616。ストラトフォード・オン・エイヴォンに生る。20歳頃出郷、初めロンドンで役者、後に座付作者として活躍。本編をはじめ約37編の史劇・悲劇・喜劇を創作。詩作にも秀で、エリザベス朝ルネサンス文学の巨星となる。47歳で突如隠退、余生を故郷で送った

福田恆存[フクダツネアリ]
1912‐1994。東京生れ。東大英文科卒。評論・翻訳・劇作・演出の各分野で精力的に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

zero1

130
人を見る目が無ければ、そして頑固さは悲劇を招く。これは洋の東西を問わない。老いたブリテンの王リアは3人の娘たちに領地を分け与えるが、末娘は言葉を飾らなかったことから持参金無しに。二人の姉の所へ王は向かうが、そこから悲劇が。福田が解題で述べているように【虚飾の剥奪】こそ大きなテーマ。人はすべてを失った時に本質を見せる。トルストイはシェイクスピアを嫌っていたという。だが福田はこれを批判。道化の存在も必要だと述べている(後述)。人を疑う時代に書かれた内容は共感できる。人を【まず疑う】ことは現代でも必要。2019/10/06

かみぶくろ

129
隠居を決め込もうとするリアじいちゃんの財産と権力を巡って、壮絶で醜悪なお家騒動が勃発する話。セリフの力強さが半端なく、その訴求力は圧倒的で、シェイクスピアの魂が一言一言に込められているかのよう。冷血な娘たちに身ぐるみ剥がされて荒野を半狂乱でさまようリアだが、嵐に向かって裸一貫で吠えるシーンは、うまく言えないけど、まさしく世界の核心に開かれているかのようだ。美しいとも残酷とも言えない、ただそこに意味も価値もなく在る世界を発見したリアの彷徨は、悲劇ではあるけれど、人間として一つの到達点には達したと思う。2016/07/04

Major

95
リアは言う。「人は皆泣きながら生まれてくる」と。しかし、この言葉は足りなかった。「人は皆泣きながら生まれ、生きながらなお泣き続ける」のだ。シェイクスピア随一の傑作『リア王』はいわば泣きのポリフォニックだ。至る所で誰もが泣いているのだ。喚く、罵り泣く、嘆く、すすり泣く、哭く、泣き叫ぶ、忍び泣く・・・いたる所で泣き声が止まぬ。泣き声は宇宙にまで響き渡る。大地に沁み込む流した涙は雑草に吸われ、その根を食む者によって永遠に循環する。善悪正邪美醜清濁を湛えて生きざるを得ない人間存在の営みそのものが悲劇なのだ。 2020/06/28

アナーキー靴下

87
昔読んだ時は解説通り、虚飾の剥奪が主題と受け取り、傲慢さ故に奸計に身を委ねたリアが真実に向き合わされ、等身大の己を知る(その迫力が見所の)話と思ったが、再読して、万物は流転する、という印象を強く受けた。2人の姉とエドマンドを悪と捉えていたが、むしろ善人も悪人もおらず、皆がただ自分の思惑で生きているだけである。末娘が目の曇った老王に心を捧げることは盛者必衰の理を無視した行為であり、共に滅ぶのは必定だろう。「気違いに決っているよ、大人しい狼、病気の無い馬、初恋の永続き、女郎の誓文などを本気に考えるような奴は」2021/07/27

夜長月🌙新潮部♪

86
あなたは本当の「リア王(シェイクスピア)」を知っていますか?昔、子ども向けの「リア王」を読んであらすじは知っているつもりでした。悲劇的な物語ながら最後はハッピーエンドと思っていたのに!かつて読んだのはシェイクスピア版ではないリア王だったのですね。本物は人生の虚無を顕にする恐ろしい怪作です。道化者が語る戯れ言こそが真実。「白箱(武蔵ニ)」のミムジーとロロの諦観を交えた語りにも似ています。この凄まじさは凡人ならハッピーエンドにしてしまいたくなります。2019/11/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/524800

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。