星海社新書<br> 婚活中毒

個数:

星海社新書
婚活中毒

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月26日 06時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065326244
  • NDC分類 367.4
  • Cコード C0236

出版社内容情報

こんなに出会えるのにどうして成婚できない?

「いろいろな女性と交際するのは楽しい。常に新鮮でいられる。その誘惑に抗えず、婚活沼にずぶずぶに浸かっていく。結婚相手と出会う目的で始めたはずの婚活なのに、いつのまにか婚活そのものを楽しむようになっている。このマイナスのスパイラルが”婚活中毒”だ」(「はじめに」より)。イケメンとはほど遠い容姿、身長は166センチ、バツイチ、58歳、それでも婚活で出会った女性は300人以上。楽しい婚活ライフを送る著者にやがて訪れる永久婚活状態とソロ人生を歩む覚悟とは? アプリ、相談所、パーティー、バスツアー……。いとも簡単にマッチングできる現代の婚活を実体験から描く。すべての成婚したい人必読の書。

内容説明

「いろいろな女性と交際するのは楽しい。常に新鮮でいられる。その誘惑に抗えず、婚活沼にずぶずぶに浸かっていく。結婚相手と出会う目的で始めたはずの婚活なのに、いつのまにか婚活そのものを楽しむようになっている。このマイナスのスパイラルが“婚活中毒”だ」。イケメンとはほど遠い容姿、身長は166センチ、バツイチ、58歳、それでも婚活で出会った女性は300人以上。楽しい婚活ライフを送る著者にやがて訪れる永久婚活状態とソロ人生を歩む覚悟とは?アプリ、相談所、パーティー、バスツアー…。いとも簡単にマッチングできる現代の婚活を実体験から描く。すべての成婚したい人必読の書。

目次

第1章 婚活のメインストリームになった婚活アプリ(セックス直後にお経を唱えた女;5人に1人が婚活アプリで出会って結婚;「あなた、バカ?」;贅沢な生活がマストの女性;前途多難;新山千春、鷲見玲奈、渡辺直美…が次々とアプリ利用を告白;女優ともアナウンサーとも出会う;ヌード写真を送ってくれる元女優;初期の婚活アプリでモデルやCAとイチャイチャ;婚活アプリ犯罪史;コロナで高まった世の中の結婚願望;39、49、59歳は“婚活発情期”)
第2章 アラカンでも出会える婚活アプリ(登録者数の多い婚活アプリを選ぶ;プロフィールで本気度を示す ほか)
第3章 安心・安全が担保される結婚相談所(強いメス。弱いオス;1980年代の婚活界を席巻したアルトマン;リスクが大幅に軽減される結婚相談所;相談所登録時のセックスはNG;プロフィール写真と実物が違うのはふつう?;ゴマ油を塗ったような顔;女性は男性の経済力と容姿で判断;結婚相談所で純愛;プロフィールに自身があれば結婚相談所を選ぶ;結婚相談所は社交性に自信がない男女向け)
第4章 社交性が反映される婚活パーティー(婚活パーティーの原点はとんねるず?;大人気企画だった自衛隊限定パーティー ほか)
第5章 「婚活中毒」という病(育ち切ってしまった自我;婚活には“助走期”がないから、執着もない;婚活は等価値取引;女性の婚活中毒事情;婚活のエンタテインメント性と自己確認;ソロで生きる;結婚しないかもしれない婚活)

著者等紹介

石神賢介[イシガミケンスケ]
婚活ジャーナリスト。1962年生まれ、東京出身。婚活アプリ、婚活パーティー、結婚相談所、婚活バスツアー、座禅婚活など、約30年にわたり、あらゆる婚活にトライ。食事やお茶などをともにした女性は300人を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽてち

32
アラカン、バツイチ、フリーランス、デカ顔を自称する著者が、30年近くも行ってきた婚活を振り返り様々な体験を綴った本。まず、一口に婚活といっても、実に様々な手法があることに驚いた。初期の結婚相談所に始まり最近のアプリまで、まんべんなく(?)網羅している。中にはふざけているとしか思えない内容のものもあって、やはりそれは参加者にも不評だったらしく笑える。そして婚活に参加する男女の思惑もいろいろでおもしろい。男はヤリモク、女はお金だろうという硬直化した思考ではついていけない。少子化対策には婚姻率上昇も必要かと…。2023/07/08

shushu

2
いつの間にか肩書が「婚活ジャーナリスト」になっていたw。海外から来た結婚相談会社から始まって、パーティーやバス旅行、ネットアプリに至るまでの変遷と経験を綴る。もはや結婚が目的ではなく、人とのつき合いや文筆業のネタ探しになってしまっている様だが。同世代としても、ここまで一人の人は(著者はバツイチだそうだが)、一人が向いているのでしょう。2023/08/17

Yoshi NAK

1
アラカンでも婚活アプリでマッチングできる。ということでも驚き。 メンタルが強くないと続けられなさそう。 いくつになっても見た目は大事。2023/08/21

すずき

0
いつ読んだか覚えてないし感想も忘れてしまった。つまらないとかではなかった気がする。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21395954
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。