講談社文庫<br> クラインの壺

個数:
電子版価格
¥419
  • 電書あり

講談社文庫
クラインの壺

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月18日 10時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 488p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062750172
  • Cコード C0193

出版社内容情報

現実も真実も崩れ去る最後で最恐の大傑作!

200万円でゲームブックの原作を、謎の企業イプシロン・プロジェクトに売却した上杉彰彦。その原作をもとにしたヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制作に関わることに。美少女・梨紗と、ゲーマーとして仮想現実の世界に入り込む。不世出のミステリー作家・岡嶋二人の最終作かつ超名作。

岡嶋 二人[オカジマ フタリ]
著・文・その他

菅 浩江[スガ ヒロエ]
解説

内容説明

200万円でゲームブックの原作を、謎の企業イプシロン・プロジェクトに売却した上杉彰彦。その原作をもとにしたヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制作に関わることに。美少女・梨紗と、ゲーマーとして仮想現実の世界に入り込む。不世出のミステリー作家・岡嶋二人の最終作かつ超名作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

309
ミステリーのようなサスペンスのようなSF……という感じ。五感をすべて活用したVRゲームのシナリオを作った主人公がデバグのために完成したゲームをプレイしていくのだが、次第に現実とゲームの中が混濁していく……という内容。初出が平成元年でもう30年くらい前の作品なので、設定とかは古臭さがある。あと、今風に作るならさらにどんでん返しが必要だろうなと。ただ、文章は読みやすいし、登場人物もキャラクターが立っていて、すいすい読み進めていけるのは心地よい。2018/05/05

nobby

193
これはもう間違いのない傑作!何より1989年にこのバーチャル発想って!?意味深な契約書から始まるが、中盤までは“クライン2”でのゲーム体感の様子に引き込まれる。途中予想出来る危惧も含め、主人公が疑っていく様がとにかくスムーズ。途中、ピアス・名刺の所在の伏線もすっかり騙されてしまった。ラストに向けては、現実と虚構が交錯しあい、結局“内”なのか“外”なのか、まさにクラインの壺。現実的にも何かあり得そうでちょっと震えた読後感。2015/05/24

青乃108号

181
読み終えるまであっという間だった。今現在、巷で言うところのバーチャルリアリティ体感機器が幼児の玩具にしか思えなくなる程の、超仮想現実に人を取り込んでしまうクライン2。今、自分がいる世界が現実かそうでないのか、もはや判らなくなった彼は浴槽で自らの手首を切るが、彼がどちらの世界にいるのか結果的に彼は知る事は出来ない。いやそんな事よりも今、この本を読み終えてこのレビューを書いているところの俺自身も、もしかしたら誰かの仮想現実内のデータのひとつに過ぎないのかも知れない。真面目に生きてきたけどそろそろ。いいか。2021/10/13

takaC

159
なんとなく意味もなく岡嶋二人回顧読書(懐古じゃなくて回顧だよ)しようかななんて思い立って手近なところにあったこの作品からさっそく開始。次は『焦茶色のパステル』にしたいけどどこにあるのか見つけ出せないから『99%の誘拐』かな。でも、そしたら単純な遡りになっちゃうな。2015/07/25

あさひ@WAKABA NO MIDORI TO...

153
岡嶋作品お初となる作品。今でこそやっと耳慣れてきたバーチャルリアリティー。その世界観を今からなんと30年以上も前に、しかも遥か想像の上を行く設定で描ききった作者のセンスにただただ驚かされる。今SFの世界のことと思っているようなことも、科学の進歩で将来は現実のものになるのか。だとすると、人の意識でコントロールできる範囲で止めておかないと、人類の進歩を超えた未来の世の中は取り返しのつかない終焉を迎えることになる、そんな警鐘を鳴らしているような、うすら寒い恐怖に包まれつつ書を閉じた。2021/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/570702
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。