講談社現代新書<br> 愛国者は信用できるか

電子版価格 ¥715
  • 電書あり

講談社現代新書
愛国者は信用できるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 197p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061498426
  • NDC分類 154
  • Cコード C0295

内容説明

三島由紀夫は言った「愛国心は嫌いだ」。なぜか!?新右翼の大物が問う「天皇と愛国心」。

目次

第1章 「愛国心は嫌いだ」と三島は言った
第2章 誰のものか―愛国心争奪の歴史
第3章 愛国と憂国―その決定的な違い
第4章 愛国者の条件
第5章 天皇制と愛国心
第6章 謙遜の日本史
第7章 天皇論の革命
第8章 過熱する女帝論議
第9章 三島の改憲・女帝論
第10章 「愛国心」の必要ない世界は来るのか

著者等紹介

鈴木邦男[スズキクニオ]
1943年福島県に生まれる。1967年、早稲田大学政治経済学部卒業。1970年から73年まで産経新聞社に勤務。学生時代から右翼・民族運動に飛び込み1972年に「一水会」を創設。「新右翼」の代表的存在。1999年12月に「一水会」代表を辞任し、顧問になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keiトモニ

24
“自分が所属している国を愛しそれに貢献、国家に一身を捧げても良いと考える様な感情”…ちょっとアレンジしましたが、まあ小学館事典の愛国心でしょうか。“愛国心は押しつけがましい。官制の匂いがする。だから嫌いで虫が好かないか…”←なるほど三島氏が言うとそう思えてくるから不思議です。「右翼が抗議しているから我々は正しい」とする集団の心理はまさにあほらしい。やや左翼系ではそんな風潮がありましょうね。結局右翼を利用してるんです。“愛国心は胸に中に秘めておくか、必要に応じて小声でそっと言ったらいい”…はい、そうします。2015/05/30

猫丸

11
鈴木邦男氏の本も3冊目かな?そろそろ重複、二番煎じが見えてきたところ。何回も書いていることはそれだけ強調したいポイントなんだとは思うけれど。上手ではないにしてもわかりやすい文章を書く人だから、新書向きなんだろう。にしても一冊の内容が少ないのは毎度感じる。本書は「愛国は心の奥で思ふもの」とまとめられる。俺の方が国を思っている、イヤ俺だ、なわけないオレだ。うるさいなあ。声が大きいヤツは嫌いだよ。俺はウニが好きなんだ誰が何と言おうが好きだトロなんか問題にならないウニだウニだ。そういうことは言わなくてよろしい。2021/04/26

犬養三千代

6
2006年発行。天皇陛下の御言葉以来、議論されている女系天皇の話。 次の天皇は今上陛下のご英慮でいいのではとのこと。 進歩派といわれた左翼が憲法にしがみつき保守派が改憲とは、愛国心を軸に左右が逆転しているとのこと。 やはり、三島由起夫は今を予見していたのだなぁ。 愛国を振りかざす輩は信用できない。確かにそうだ。 里見岸雄の存在をこの本で知り!読んでみたいと思った。2017/09/17

keepfine

2
<愛国/憂国><保守的(現状追認)/革新的>という区分。三島由紀夫は愛国心が嫌いで、自決する者は皆、憂国の故の死。愛国のもとでは戦争で強制された死。cf.北一輝、大川周明、里見岸夫2017/07/25

三上 直樹

2
『日本会議の研究』に名前が出てくる、新右翼の代表格・鈴木邦男氏が考える愛国論。読んで引っかかるところもないほど、至極まっとうな論考。 ただ、初出が2006年で第一次安倍政権がはじまった時期であり、女系天皇問題が論じられていても生前退位はどこにもみられないだけに、改憲へとひた走る安倍政権と影で操る日本会議の連中や、天皇陛下の意とは反対に生前退位は認められないとうそぶく政府関係者が跋扈する2016年に、改めて論じてほしい問題だと思います。2016/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/369036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。