「電池が切れるまで」の仲間たち―子ども病院物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 152p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048838566
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

「幸せ」とつぶやいて亡くなった真美ちゃん、「命」の詩を書いた由貴奈ちゃん、白血病を克服し医師を目指す盛田君…。長野県・豊科町に、赤いとんがり帽子の屋根の長野県立こども病院があります。難病のこどもが多く、家族と離れて病気と闘っています。でも、入院生活はつらいだけではありません。退院したこどもたちは、「楽しかった」と口をそろえます。これは、こどもたちと家族、医師、院内学級の先生たちが体験した、真実の「命」の物語です。

目次

「幸せ」
「命」
いちばん小さな学校
友だち
「親の思い」

著者等紹介

宮本雅史[ミヤモトマサフミ]
1953年、和歌山県生まれ。慶応大学法学部卒業後、産経新聞社入社。93年、ゼネコン汚職事件のスクープで新聞協会賞を受賞。退社後、書籍編集者を経て、2003年7月よりフリージャーナリスト。編集者時代に、長野県立こども病院のこどもたちの詩に出会う
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。