角川文庫
氷点 〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 364p
  • 商品コード 9784041437032
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

145
遂に満を持して、本作を読むコトができました。ありきたりな表現で申し訳ないのですが、本当にどうしてもっと早くに読まなかったのだろうと思えます。とても今から50年余り前に書かれたとは思えない描写で、全く違和感がありません。自らのちょっとした不貞で娘「ルリ子」を亡くした母「夏枝」は、夫の嫉妬からくる企みから、娘を殺した犯人の娘「陽子」を育てるコトに。こんなにも登場人物それぞれの感情表現が豊かな作品にはかつて、出会えたコトがないと思います。誰もが密かに抱えるココロの'闇'を見事に綴る描写はとにかく圧巻でした。2019/08/27

Die-Go

100
駅内無料図書にて。20数年振りの再読。幼い我が子を失った家族が、その子の命を奪った犯人の子を子どもとしてもらい受けることから始まる数奇な運命の変遷を描く。登場人物の心理描写が見事で、物語の流れも飽きさせない。これが、三浦綾子のデビュー作とは恐れ入る。下巻も期待大。★★★★★2018/10/23

大福

87
タイトルは知っていましたが初めて手にとってみました。この先どうなるの??まるで昼ドラのようなドロドロと陰湿な展開に惹き付けられます。2019/01/31

はらぺこ

86
うわぁ~、この夫婦気持ち悪い・・・。啓造は大層な事を言うてるけど結局は不倫を問い質すのが怖くて嫉妬してるだけやし、夏枝は自分の事を棚に上げて相手を恨んでるだけやし。当時は普通なんかも知れんけど、ええ歳したオッサンが嫁さんに靴下を履かせてもらうてどないやねん。気持ち悪いわ。 どうか下巻では、この馬鹿夫婦に天罰が下りますように。2011/09/22

青葉麒麟

85
誰がどう考えたって無理でしょ、引き取るなんて(^_-)ペットじゃないんだから後で返せば良いとか無しだぞ!!2011/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/556428

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。