岩波文庫<br> 北槎聞略―大黒屋光太夫ロシア漂流記

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
北槎聞略―大黒屋光太夫ロシア漂流記

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 484p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003345610
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0125

出版社内容情報

天明二(一七八二)年十二月,駿河沖で遭難した回米船の船頭・大黒屋光太夫と乗組の一行は七ヵ月余の漂流の後アムチトカ島に漂着する.――本書は桂川甫周が幕命によって光太夫から聴取した聞書で,約十年に及ぶ漂民体験やロシア帝国の風俗・制度・言語等を驚くべき克明さで記録した第一級の漂流記である.(注 高野 明・解説 加藤九祚)

内容説明

天明2(1782)年12月、駿河沖で遭難した回米船の船頭・大黒屋光太夫と乗組の一行は7か月余漂流の後アムチトカ島にたどり着く。―本書は桂川甫周が幕命によって光太夫から聴取した聞書で、約10年に及ぶ漂民体験やロシア帝国の風俗・制度・言語等を驚くべき克明さで記録した第一級の漂流記である。

目次

船号・同夥人名
飄海送還始末
海陸路程
渉歴地名・風土・人物
夷俗
魯西亜通商五拾二国名目
魯西亜世系
風土
人物風俗
姓名称呼〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

isao_key

13
大黒屋光太夫と磯吉のロシアでの体験談を医師で蘭学者の桂川甫周が聞き取りまとめた書。日本を出てから根室に帰るまでの記述は50ページほどしかない。残りはロシア全般についての解説と簡単な単語辞典、器具や衣類などの絵及び註釈からなっている。今でいうガイドブックのような本で、とても一介の船乗りが語ったとは思えないほど広範囲に及ぶ事柄が記されており、光太夫の好奇心の強さと記録を残した執念のようなものを感じる。中には事実とは異なる間違いもあるが、それを差し引いても当時の知識人にとって、驚くべき第一級の資料だっただろう。2014/04/04

MAT-TUN

4
日本人の大黒屋光太夫の一行は、天明2年(1782年)に海難事故でロシア領に漂着。 親切なロシア人と知り合い、カムチャツカからロシア領を西に横断し、モスクワやサンクトペテルブルグまで到達しています。 大黒屋光太夫は、時のロシア皇帝エカテリーナ2世に直接帰国を願い出て叶えられ、北海道の根室まで帰ってくることができました。 本書は旅の道中のこまごまとした記録や人物との会話の江戸時代の記録です。旅情や人々との会話も興味深いのですが、そのほかのこまごまとしたことの説明がまた面白い。2011/06/28

けろこ

3
読みにくいかと構えていたのですが、予想外に読みやすかった。(おろしや国酔夢譚の後だったからか?)図版が白黒なのが残念。 当時のロシアの生活全般が伺え、非常に読み物として面白かった。単なる読み物として読んだ私が面白かったから、当時の人々はもっと興味をもったと思う。 2014/10/01

びば

3
江戸末期、ロシアに漂着し女王エカチェリーナ二世との謁見を経て帰国を果たした大黒屋光太夫らの10年にわたる体験をまとめた記録。鎖国の時代に外国の文化をまとめたことが貴重だそうだが、当時の日本人が持つ価値観を知ることができるという点でも楽しめる。文体は古文のようで理解しづらい点もあるが、注釈が丁寧なのでなんとかなった。古い文章でも案外読めるのだという発見は嬉しい。こういう面白くて古い本をもっと読んでみたくなった!2013/10/13

tokumei17794691

2
・蘭学者など、ごく一部の人たちに限られるだろうが、鎖国時代にあって西暦・地理をはじめ、正確な外国知識があった事、光太夫がロシアの事物につき細かく記憶していた事、この時代に既に、ヤクーツク、カムチャッカ方面に交易路が開かれていた事に驚いた。・現在、ロシアでは紅茶にジャムを添えて飲み、ミルクは添えぬイメージが強いが、この頃ではミルクティーを飲んでいる事、サモワールの記述なき事、コーヒーも飲まれていた事が意外だった。・漢文の引用は、読み下しになっていないのでよく分からない。読み下しも併せて付してほしかった。2021/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/86997

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。