岩波文庫
苦の世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784003106815
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

情にもろく貧乏で意気地なしの無名の画家を主人公とし,わがままでヒステリーの芸妓上りの妻との交渉を,軽妙な饒舌体で描いた自伝的作品.二人を囲む人物もみな善良で不幸な人びとばかり.人間の愚かさと悲しさをユーモラスに描いたこの作品は,『蔵の中』とともに作者の出世作となった. (解説 山本健吉)

内容説明

情にもろく貧乏で意気地なしの無名の画家を主人公とし、わがままでヒステリーの芸妓上りの妻との交渉を、軽妙な饒舌体で描いた自伝的作品。二人を囲む人物もみな善良で不幸な人びとばかり。人間の愚かさと悲しさをユーモラスに描いたこの作品は、『蔵の中』とともに作者(1891‐1961)の出世作となった。