〈声なき声〉のジャーナリズム - マイノリティの意見をいかに掬い上げるか

個数:1
紙書籍版価格
¥3,520
  • 電子書籍

〈声なき声〉のジャーナリズム - マイノリティの意見をいかに掬い上げるか

  • 著者名:田中瑛【著】
  • 価格 ¥3,520(本体¥3,200)
  • 慶應義塾大学出版会(2024/06発売)
  • ポイント 32pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784766429633

ファイル: /

内容説明

SNS時代のジャーナリズム論

誰もが情報を発信し、フェイクニュースが氾濫するこの時代に、
ジャーナリストは「真正性」をいかに担保し、
マイノリティの声を掬い上げ、活性化させるべきなのか。

『真相深入り!虎ノ門ニュース』や『ハートネットTV』、『クィア・アイ』といったTV番組の言説構造の分析から、情報の送り手と受け手の関係性を編み直し、ジャーナリズムが〈声なき声〉をいかに掬い上げ、活性化すべきかの方途を探る。

そして、ジャーナリズムの担い手が送り手と受け手の垣根を超え、等身大の自分自身として語り、自分たちの居場所としてのメディアについて考える。
そうした社会のかたちのイメージを描き出し、もっと幅広い文化的実践をジャーナリズムとして再評価していく。

目次

序論 「声なき声」をどのように活性化すべきか
第1章 「声なき声」の活性化、「真正性」の政治
第2章 「声なき声」と娯楽化する政治――『虎ノ門ニュース』における「読解の肩代わり」
第3章 公共サービスメディアの葛藤――『ハートネットTV』におけるメッセージ性と「真正性」の調停
第4章 ポピュラー・ジャーナリズムとしてのリアリティTV?――『クィア・アイ』における「裏側の物語」と連帯の政治
第5章 ジャーナリズムの境界線を引き直す――対話の場を紡ぐための役割
第6章 「真正性」の政治を内側から攪乱する――オルタナティヴなメディア環境はどのように可能か
補論 対話のためのメディア・デザインに向けた試論――メディア・ワークショップの設計と批判的考察から
結論 今後のメディア・ジャーナリズム研究に向けて