いりぐちアルテス<br> 文化系のためのヒップホップ入門3

個数:1
紙書籍版価格
¥1,980
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

いりぐちアルテス
文化系のためのヒップホップ入門3

  • ISBN:9784865592146

ファイル: /

内容説明

トランプ政権という踏み絵が誕生し、
ケンドリック・ラマーが脚光を浴び、
トラップがニューヨークすら支配し、
カニエ・ウェストが炎上し続けた──
そんな4年間(2015~2018)のヒップホップ・シーンを
文化系名コンビが検証する!

「ヒップホップは音楽ではない」という独自の視点を打ち出した
シリーズ第1弾『文化系のためのヒップホップ入門』(2011)は、
アメリカのヒップホップの歴史と聴き方を指南した
画期的な入門書として、ロングセラーを続けています。

2012年から14年までをとりあげた『文化系2』(2018)に続く本書では、
2015年から18年までのシーンを振り返るとともに(CDガイド付き)、
アフリカン=アメリカン研究の専門家で慶應大学准教授の有光道生さんを招いて、
オバマ政権下のアメリカ社会とヒップホップを論じた鼎談も収録しています。

本書で話題にした楽曲のプレイリストもSpotifyで近日公開!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zirou1984

15
1冊目が出版されたのが2011年、続刊が出たのが昨年秋。「3巻はすぐに出ます」という言葉を待ち続けた本作は2015年~18年の米国シーンを総括したもの。ヒップホップ、というかラップがストリーミングサービスにおける主流の音楽となった中、ドラマや映像作品、オバマ以降の人種やLGBT・政治問題とどのように結び付いているかが解きほぐされている。トラップ以降のラップもより変節を遂げ、これまで最新のシーンに興奮し続けていたお二人がテカシやシェック・ウェスに対しては流石に動揺しているのが微笑ましい。ラッパーゆとり世代笑2019/12/29

しゅん

8
トラップ・マンブル・エモラップ・ドリルと、今までのヒップホップの流れとの断絶を感じられるサブジャンルの商業的・批評的な隆盛。ジャンルが大きくなりすぎると寂しさが広がりだす。このシリーズ、「1」が入門編で、「1」のコードとモードで同時代を読み解く応用編が「2」と「3」になっている。非常に気持ちよく啓蒙される読書体験。単純さと複雑さが複雑に絡み合うジャンルの面白さ。今の社会や芸術を紋切り型に読まないためにヒップホップと付き合うのもアリだなと思った次第。2020/11/28

go

6
三冊目。今回も面白かった。前にケーダブが文句つけてたけどわけわかんないな。第三部みたいなこと語れるラッパーいるの?2020/02/09

Masaaki Kawai

4
2015~2018年なんで作品タイトルはだいたい馴染みあるけど、その周りのカルチャー含めて学べるのが良い。2018年はついにヒップホップが最大のジャンルになったけど、それによりドレイクのビーフで触れられてるようにヒップホップカルチャーか無くなっているような、昔からのヒップホップファンには巨大になりすぎたための良くない部分が出てきてしまっているのね2020/04/17

こくまろ

3
待望の第3弾 2018年までかと思ったら2019年前半までカバーしてあった 具体的にはリルナズX、タイラー新作、そしてネトフリのリズム&フロウまで2020/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14935264
  • ご注意事項