お化け屋敷のつくり方

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy

お化け屋敷のつくり方

  • ISBN:9784862041876

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ホラープランナー・コンビが、お化け屋敷の仕組みを明かす。実録青春恐怖譚!

目次

はじめに
PART1 恐く、もっと恐く! 
【僕がお化け屋敷に入るまで】 輝ける幼年時代/初めての脅かし/青あざを作っても、頭が痛くても……/「何屋さんですか?」/扉の向こうから……/プロデューサーに見つかるな!/クネクネ/見えないけど、そこにいる/「変なお客さんだなぁ」
【オレが店長になるまで】 “あの御方”の声/お化け屋敷で働きたい/全身で感じた恐怖/ユーレイの叫び/本気の二人/「大丈夫ですよ~」/恐化
コラム1.サッチャンからの届け物
PART2 怪奇学校へようこそ!
【最恐の脅かしとは?】 「…ラーメン…」/もう一つの選択肢
【“感じる”お化け屋敷】 リニューアル/ファイリング/クリスマスはお化け屋敷で/隠された思い/本物しかいません!
【恐怖の向こう側】 幽霊ゾンビ結成/限界ライン
コラム2. ゾンビ、衝撃を受ける
PART3 ユーレイゾンビと百鬼夜行
【お化け屋敷に訪れる人たち】 豹変する男たち/賛辞を送る女たち/僕ら以外にもいる?/ゾンビII世
コラム3. 日本で唯一の独立採算制
【ミッチャンと仲魔たち】 アタチ ノ クビヲ カエシテ/アタチのショーバイ/ミッチャンかわいそう……/仲魔たち
【水責めと自殺】 初めての常連さんは恐怖マニア?/「サンタさん、信じてる!」
【オバケランドのためならば】 何でもありのお化け屋敷/学校がギクシャク
コラム4. TVとお化け屋敷
PART4 恐怖のエッセンス
【世界最小のお化け屋敷を作る】お化け屋敷の四つのエッセンス/パニックを引き起こせ!
PART5 世界を脅かせ!
【解散の危機】 転機の年/ユーレイの覚悟/
【夢の二号店】 『浜松怪奇学校』/怪奇学校の“こころ”/テーマパークの渡り鳥?
【リタイヤ率60%の恐怖】 本を返せますか?//エリート
コラム5. お化け屋敷はなぜ楽しい?
【悲鳴は国境を越える】 台湾からのオファー/迷い/マイナーなエンターテインメント/「オープン、ムリ!」/オバトレ/恐がり方は世界共通/
【素晴らしきオバケ魂】
【日本一のお化け屋敷に】
コラム6. 結局、僕が……
【これからの二人】 ホラープランナー/お化け屋敷初のエンターテインメントショーを!
おまけ(世界挑戦再び)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とも

13
脅かす側の視点で書かれていて、斬新だった。2016/10/05

アリクイ

10
図書館で見つけて、面白半分で読み始めたら内容の面白さにのめり込んでしまった一冊。最恐のお化け屋敷を目指す2人、ゾンビさんとユーレイさん(という芸名です)による、お化け屋敷の本。2人がお化け屋敷に辿りつくまでの道やお化け屋敷の創り方。お客さんをいかに怖がらせ、楽しんでもらえるかの探求(「こわくないモード」を創るとか…)。台湾でお化け屋敷を開いたことなど…。僕はサンタクロースをお化け屋敷のネタにした話が興味深かったです。お化けの話なのに、お化けへのこだわりがやたら熱く、とことんお化け道を突っ走っている本です。2014/06/18

ペペロニ

9
人を脅かし、感動のエンターテイメントを生み出そうと挑戦されているホラープランナー「幽霊ゾンビ」の2人の話。内容はお化け屋敷の裏側の話で、とても興味深く読めた。従業員のオバケ達とも連携していかなきゃならないし、一部の迷惑な客や人間臭い内部のゴタゴタなど人が集まれば起きそうな普遍的なトラブルの苦悩も書かれていて、応援したくなった。2021/11/28

じじちょん

7
お化け屋敷は馴染みがないのですが、驚かす側の視点で書かれているのが珍しくて手に取りました。 驚かすのが好き、という作者の色々な創意工夫が面白かったです。安全管理に配慮していることが書かれてあることも好感を持った。色々な事故を想定して安全に怖がってもらう事と、「ユーレイが驚かしているんだ」という夢を壊さないという内容が印象に残った。2017/12/11

メタボン

7
☆☆☆☆ 文句なしに面白かった。私もお台場怪奇学校を体験したが、今までのお化け屋敷で一番怖かった。サッチャンおばけに「ごめんなさい、ごめんなさい」と思わず謝っていた自分を思い出した。2014/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3497870

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。