《第180回紀伊國屋サザンセミナー》『みみずくは黄昏に飛びたつ』文庫化記念「冬のみみずく朗読会」(2019年12月17日)

第180回紀伊國屋サザンセミナー

『みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子 訊く/村上春樹 語る
文庫化記念


冬のみみずく朗読会
村上春樹×川上未映子


文庫|みみずくは黄昏に飛びたつ書影600dpi.jpg
1995年秋、村上春樹さんは長編小説『ねじまき鳥クロニクル 第3部鳥刺し男編』を刊行した直後、阪神淡路大震災に遭った故郷の神戸と芦屋でチャリティの「朗読会」を行いました。
このとき10代の川上未映子さんは、若き聴衆の一人として、村上さんの自作朗読にじっと耳を澄ませていました――それから24年、いま最も注目される作家の一人である川上未映子さんと、つねに話題作を書き続けてきた村上春樹さんの奇跡のような「朗読の夕べ」が実現します。
『みみずくは黄昏に飛びたつ』は、これまでにない深く鋭い対話とインタビューの一冊ですが、文庫化にあたって最新の対談も収録されました。軽妙洒脱なトークも交え、インタビュー時の雰囲気そのままに、「村上春樹小説家デビュー40周年」の掉尾を飾るライブ感あふれる「朗読会」になりそうです。どの作品が朗読されるか、何が語られるか......ご期待下さい。

■日時  2019年12月17日(火) 19:00開演(18:30開場)

■出演  村上春樹 川上未映子

■会場  紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA (地図)

■入場料金 3,000円 (全席指定・税込・文庫新刊『みみずくは黄昏に飛びたつ』代825円含む)
・当日券はございません
※チケットは抽選販売となります
※お申込みはお1人様2枚まで
※トークイベント当日、『みみずくは黄昏に飛びたつ』1冊をお渡しします


 
 ・受付期間:11月25日(月)10:00~11月28日(木)23:59
  ※先着順ではなく、抽選となります


 ・お申込みには事前にキノチケオンライン会員登録が必要となります

 ・チケットのお申込みはお1人様2枚までです

 ・決済方法:クレジットカードのみ
  ※ご利用可能なカードブランドは「Visa」「MasterCard」「JCB」となります
  ※抽選お申込みの際にカード情報の入力をしていただきますが抽選にもれた場合は引き落とされません

 ・引取方法:セブンイレブン発券
  ※ご購入のチケット1枚につき110円の発券手数料がかかります
  ※発券に必要な引換票番号(数字13桁)は当選メールに記載されます

 ・座席はお選びいただけません
  ※当選のお知らせメールに席番号の記載はいたしませんが、チケットに印字されます

 ・抽選結果は 12月3日(火)中にメールにてお知らせいたします
  ※チケットのお引き取りは12月5日(木)11:00以降となります

 ・チケットのキャンセル・変更はできません

 ■転売防止対策の為、当日は購入者様の本人確認を実施する場合がございますので、
 ご協力をお願いいたします。

 ・チケットには購入者様のお名前が印字されます(同伴者分は同じ購入者の氏名を印字)
 ・ご同伴者様はご購入者様と一緒にお越しください
 ・ご入場の際に氏名の確認できる身分証明書が必要です(顔写真は必要ありません)

 ※チケットのご予約、及びご購入の際にいただいたお客様の情報は全て、
   キノチケットカウンターでのチケット販売業務以外には使用いたしません

 


プロフィール
村上春樹 (むらかみ・はるき)
1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』、『騎士団長殺し』などがある。『蛍・納屋を焼く・その他の短編』『神の子どもたちはみな踊る』『東京奇譚集』などの短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞、2019年グリンザーネ賞などを受賞。2018年8月より「村上RADIO」(TOKYO FM)でDJも務めている。

川上未映子 (かわかみ・みえこ)
1976(昭和51)年、大阪府生まれ。 2007年、デビュー小説『わたくし率イン 歯ー、または世界』が第137回芥川賞候補に。同年、第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。2010年、『ヘヴン』で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第20回紫式部文学賞受賞。2013年、詩集『水瓶』で第43回高見順賞受賞。短編集『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。2016年、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞受賞。「マリーの愛の証明」にてGranta Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。他に『すべて真夜中の恋人たち』や村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛びたつ』、中短編集『ウィステリアと三人の女たち』など著書多数。『早稲田文学増刊 女性号』では責任編集を務めた。最新刊『夏物語』は第73回毎日出版文化賞を受賞、また世界十数カ国で翻訳が決定している。

■お問合せ 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA 03-5361-3321(10:00~18:30)
主催:新潮社

2019.11.22 イベントに行こう