2014年05月16日

新宿南店洋書売場を拡大し、あらたな洋書空間 "Books Kinokuniya Tokyo" 5月29日オープン

株式会社 紀伊國屋書店(代表取締役社長 高井 昌史)はこの度、新宿南店洋書売場を拡大し、"Books Kinokuniya Tokyo" として5月29日(木)オープンいたします。

紀伊國屋書店は、1969年(昭和44年)に海外一号店としてサンフランシスコ店を開店いたしました。以来、アメリカ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、台湾、オーストラリア、ドバイと8か国に26の店舗を展開し、文化の異なるお客様にグローバルブランドとして認知されています。
紀伊國屋書店の海外店は、「世界をつなぐ、紀伊國屋書店」として、本を通じて文化の発展と人々の相互理解に寄与することを目指しており、"Books Kinokuniya Tokyo"は、新宿南店の一分野であった洋書売場を6階フロア全域(300坪)に大幅拡大するとともに、海外店をモデルとした、これまでにない日本最大規模の洋書空間を誕生させるものです。

(Books Kinokuniya Tokyoの概要)

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア
紀伊國屋書店 新宿南店 6階
Tel 03-5361-3316
売場名Books Kinokuniya Tokyo
キャッチフレーズServing book addicts since 1927
売場面積300坪
営業品目洋書、洋雑誌、雑貨
営業時間10:00-20:30
URLhttps://www.facebook.com/KinokuniyaForeignBooks

(店舗コンセプトと特長)
海外の文化や刺激に興味を持つ邦人顧客に加え、東京近郊在住の英語を使って日常生活を営む外国人(推定40万人)をターゲットとしてまいります。
イベントスペースでは英語の絵本読み聞かせや海外作家のトークイベントを実施します。2020年の東京オリンピックを控え、インターナショナルな都市に変貌する街・東京にふさわしいブックストアを目指します。

(商品・運営施策)
在庫冊数を現在の約2倍である12万冊に増加いたします。 従来から扱っている専門書に加え、フィクション、絵本・児童書、海外マガジン、さらにはフランスやイタリアなど英語以外の書籍、海外コミック・アメコミの取扱いを強化します。 また、公衆無線LAN(FREESPOT)を設置します。
さらに、専門洋書バイヤーが常駐し、お客様のお問合せやニーズに迅速に対応いたします。

(開店イベント・フェア)
・全商品20%割引セール   5月29日(木)~6月1日(日)
・特製トートバッグプレゼント  5月29日(木)~6月1日(日)の4日間、2,000円(本体価)以上お買上げの方先着100名に贈呈
・柴田元幸さんトーク&サイン会  『闇の中の男』刊行記念 ポール・オースター/著 柴田元幸/訳 新潮社
 ※スケジュール決定次第、HPでお知らせいたします。
・Japan in World Literature  日本人作家の文学書について、英文書を中心に多数取り揃え、常設展開します。
・ケビン先生の英語絵本 読み聞かせ会
・英語落語
・洋書ビブリオバトル
その他、さまざまなイベント・フェアを開催いたします。
また、オープンを記念して新宿南店の全フロア・全商品でKinokuniya Pointキャンペーンを開催いたします。
洋書は通常100円につき5ポイント差し上げておりますが、5月29日(木)~6月1日(日)の4日間、さらに1ポイント追加し、合計6ポイントをお付けします。