幻冬舎単行本<br> 暗殺

個数:1
紙書籍版価格
¥1,980
  • 電子書籍
  • Reader

幻冬舎単行本
暗殺

  • 著者名:柴田哲孝【著】
  • 価格 ¥1,881(本体¥1,710)
  • 幻冬舎(2024/06発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344043060

ファイル: /

内容説明

元総理が凶弾に倒れ、その場にいた一人の男が捕まった。
日本の未来を奪った2発の弾丸。
本当に“彼”が、元総理を撃ったのか?
日本を震撼させた実際の事件をモチーフに膨大な取材で描く、傑作サスペンス。
奈良県で日本の元内閣総理大臣が撃たれ、死亡した。その場で取り押さえられたのは41歳男性の容疑者。男は手製の銃で背後から被害者を強襲。犯行の動機として、元総理とある宗教団体とのつながりを主張した――。
日本史上最長政権を築いた元総理が殺された、前代未聞の凶行。しかし、この事件では多くの疑問点が見逃されていた。致命傷となった銃弾が、現場から見つかっていない。被害者の体からは、容疑者が放ったのとは逆方向から撃たれた銃創が見つかった。そして、警察の現場検証は事件発生から5日後まで行われなかった。
警察は何を隠しているのか? 真犯人は誰だ?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

110
今から2年前に起きた元総理の殺害事件をモチーフとした小説で、ある意味ドキュメンタリーノベルとでもいうのでしょうか?37年前に起きた朝日新聞阪神支局襲撃事件をプロローグとして元総理の事件の背景には何があったのかをかなり克明に記してくれます。またある宗教法人の暗躍が描かれています。「令和」という年号にもある意味があり、そこにも右翼の大物を怒らせる原因があり暗殺者が出てきます。高村薫さんの初期の作品を思いおこさせてくれました。2024/07/12

ゆみねこ

91
あの暗殺事件からちょうど2年の今日読了。選挙の応援演説中に元首相が凶弾に倒れた。聴衆や報道のカメラの前で起きた悲劇。その裏側にこの本で書かれているようなことがあったとしたら?未解決のまま35年を経た事件との関わり、事件を主導した勢力。恐ろしくても目が離せず一気に読み終えた。真実はどこにあるのか?柴田さんの渾身の一作、お薦め!2024/07/08

ナミのママ

82
恐ろしくも面白すぎる。誰もが映像を見た記憶があるだろう奈良県での元総理大臣銃撃事件。これをテーマにここまで深く広げて書かれると、読み手はもう真実が何か?わからなくなる。メディアの報道は事件の解明より宗教団体へと比重が移り、国葬への批判も持ち上がった。でもなぜあの場所が応援演説会場として選ばれたのか?警備の不自然さ。思い返せば、色々と曖昧な部分が出てくる。そしてこの作品も数々の疑問を残したまま終わる。タイトル通りの「暗殺」本当に恐ろしく危険な作品だ。2024/07/05

ケイト

73
偽名にしているだけで、誰が読んでもあの2年前の衝撃的な事件を思い浮かべる。事件を追う記者がどう暴くのか。SNSで噂になった陰謀論、葬られた真実はどこにあるのか。日本の闇は深い深い。2024/07/04

ごみごみ

61
冒頭に「この物語はフィクションである」の一文があるが、あの事件が描かれていることは明らか。しかも時系列といい登場人物といい、全てがリアル。実際に、公にされず握りつぶされた事実があるんじゃないかと・・怖い怖い!2024/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/22005304
  • ご注意事項