魂婚心中

個数:1
紙書籍版価格
¥1,870
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

魂婚心中

  • 著者名:芦沢央【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 早川書房(2024/06発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 510pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784152103376

ファイル: /

内容説明

もしも死後結婚のマッチングアプリがあったら? ベストセラー作家が贈るSFミステリ傑作集 死後結婚用マッチングアプリ「KonKon」が普及した社会で、推しのアイドルの秘密のKonKonアカウントを見つけてしまい感情爆発した社会人女性がとんでもない凶行へと驀進してしまう表題作のほか、この現実とちょっとだけ異なる世界の謎と関係性の物語、全六篇!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

pohcho

52
短編六編。死後結婚、閻魔帳、二つの絵の間違い探しなど いずれ劣らず特殊な世界観だった。ゲーマーの話だけはちょっと受け入れられなくて飛ばし読みしてしまったが、その他はどれも面白くて、なかでも「九月某月の誓い」が一番よかった。どの作品にも描かれる二人の人間のねじれた関係性は、芦沢さんならではだと思う。あとがきも興味深かった。2024/07/03

misa*

36
久しぶりの芦沢さん作品。「死ねば推しと結婚できる」の帯に惹かれて。SFミステリの短編とのことだけど、だいぶ異世界な作品で、読みにくい短編も多々あり。「この世界には間違いが七つある」は、かなり驚かされたし面白かった。「九月某日の誓い」は私的に1番好き。こういう異世界の長編も読んでみたいなーと感じた。2024/06/29

akiᵕ̈*

28
作者買いしたが為に、まさかのSF短編だったとは!六話中「この世界には間違いが七つある」は既読。推し活ネタを中心としたタイトルにもなっている「魂婚心中」と、お嬢様とそこに奉公で仕える歳の近い使用人に降りかかる特殊能力に秘められた謎が明らかになるラスト六話目の「九月某日の誓い」は入り込めたが、その他のゲームの世界とか閻魔帳とか話し入り込めず。単行本には珍しい筆者本人の思いが語られているそれぞれの物語についての〈あとがき〉から、芹沢さんそこまでSF描きたかったのねとその胸中に苦笑いしてしまった。2024/06/30

tan

26
私の中で芦沢さんはイヤミスのイメージが大きかったので今回のSFはちょっとなじめませんでしたが、それでも面白かったです。特に「この世界には間違いが七つある」はこのテーマを小説にしようと思った着眼点が凄いですね。あとがきには一発ネタのふざけた話と言われてますが私的には目から鱗でした。この中では「九月某日の誓い」が一番面白かったです。ぜひ続きを読んでみたいですね。2024/07/07

さこぽん

24
「SFが好きで書きたかった」が伝わる初めての<あとがき>が一番よかった(笑)。好みなのは「九月某日の誓い」と「二十五万分の一」←短くてシンプルだけどいい。2024/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21928889
  • ご注意事項