2040年 半導体の未来

個数:1
紙書籍版価格
¥1,980
  • 電子書籍
  • Reader

2040年 半導体の未来

  • 著者名:小柴満信【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 東洋経済新報社(2024/06発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784492503546

ファイル: /

内容説明

--半導体業界「キーマン中のキーマン」が提言する「日本再生戦略」。日本経済がしくじり体質から脱却し、復活するかどうかは「最先端半導体」にかかっている!--

 世界ではいま、半導体がかつてないほど〝熱い〟。
 1つは、新型コロナウイルス感染症によって半導体の製造と供給が一時大きく滞り、世界経済に大きな影響を与えたこと。もう1つは、半導体をめぐる米中関係の緊張の高まりだ。
 いま世界中のあちこちで、半導体「国産化」の動きが起きている。

 私はJSRに1981年に入社した。JSRは、半導体のシリコンウェーハに塗布するフォトレジストで世界トップクラスのシェアを持つ。40年超にわたって半導体業界を現場の視点からつぶさに見てきたつもりだ。そうした経験から、「最先端半導体の開発と製造を日本国内で再び行うべきだ」と考えている。

 いまや世界を牛耳るGAFAMは大きく成長し、その後、AIが次の波になると見るや、素早く自社のサービスに取り入れることでさらなる強大なパワーを手にしてきた。それによってGAFAMが本拠地を置く米国が、世界の覇権を握ってきた。
 
 それを支えたのは「コンピューテーション(計算基盤)」であり、もっといえば、基盤となる半導体にほかならない。すなわち、半導体は企業の力の元であり、国の力を支える基幹産業なのだ。半導体の復活なくして、日本の未来が明るくなることはない。

 ここにきて「日の丸半導体、復活か」と思われる動きが相次いでいる。TSMCによる熊本新工場の建設、先端半導体の国産化に向けた新会社Rapidus(ラピダス)の設立――。

 ただ、こうした「半導体の喧騒」を冷めた目で見ている人も多い。
 「失われた30年の間に、技術力も技術者もなくなった。工場だけ建てたところで、そう簡単につくれるはずがない」
 こういった批判の声は、一理ある意見もあるが、それでも日本は国産化へまっしぐらに突き進むべきだという私の考えはいささかも揺るがない。なぜなら、そこには勝算があるからだ。(「はじめに」より抜粋)

【この本でわかること】
 □なぜ半導体が注目されるようになったのか
 □背景にある世界を巻き込む事情とは何か
 □その中にあって、日本はどう進むべきか
 □半導体開発競争の先にある未来のテクノロジーとは何か

目次

第1章 日本半導体「失敗の本質」
第2章 ラピダスの勝算
第3章 半導体戦略としての「生産性革命」
第4章 半導体戦略がめざす「次世代計算基盤」
第5章 近未来を担う「量子」と半導体戦略

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

on_the_road1980

0
面白かった。最先端の技術に興味があるので手に取ったが、いつも知らぬ間にいろんな技術が周りに溢れてついていけてなかったが、本書でここ10年ぐらいの事情がしれて、これからもわかり、将来がワクワクしてきた。健康な状態で2050年まで生き延びて、最先端技術のある世の中で生活してみたいもんだ。 2024/07/04

Kai

0
一昔前は日本が先頭を走っていた半導体業界。 しかし、現在においても欧米・台湾等に大きく遅れを取ってしまっている。 本書はなぜ先頭を走っていた日本が大きく遅れをとることになった変遷、そして、今が日本の半導体業界にとって大事な転換点であることを教えてくれる。 未来を予測するという観点で、読んでおくべき一冊だろう。(鵜呑みにする必要はないが、軸になると思う) 2024/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21938821
  • ご注意事項