新潮文庫<br> 神の悪手(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格
¥649
  • 電子書籍
  • Reader

新潮文庫
神の悪手(新潮文庫)

  • 著者名:芦沢央【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 新潮社(2024/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101014333

ファイル: /

内容説明

俺はなぜ、もっと早く引き返さなかったのか――。棋士を目指して13歳で奨励会に入会した岩城啓一だったが、20歳をとうに過ぎた現在もプロ入りを果たせずにいた。9期目となった三段リーグ最終日前日の夕刻、翌日対局する村尾が突然訪ねてくる。今期が昇段のラストチャンスとなった村尾が啓一に告げたのは……。夢を追うことの恍惚と苦悩、誰とも分かち合えない孤独を深く刻むミステリ5編。(解説・斜線堂有紀)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カブ

34
将棋にまつわる5つの短編集。将棋は全くわからないが面白く読めた。将棋を知っていたらもっと楽しめたかもしれない。どの話も良かったが特に最後の「恩返し」が好き。2024/06/29

よっち

31
夢を追うことの恍惚と苦悩、誰とも分かち合えない孤独を深く刻む将棋を題材とした運命に翻弄される登場人物たちの連作短編集。避難所でなかなか勝ちきる手を打たない子がそれでも将棋を指し続けた理由、将棋人生を賭けたアリバイ作りに挑む追い詰められた男、詰将棋雑誌に投稿した訳あり少年の秘められた想い、対戦した棋士二人だけが感じられる世界、駒師が指定対決の駒選びで感じた複雑な想い。思ってもみなかったことに気付いてしまい、それでも将棋に向き合い、前に進むことしかできない不器用な人々の苦悩や葛藤がとても印象に残る物語でした。2024/05/29

新田新一

29
傑作短編集!将棋を主題にした5つのミステリーです。将棋のことはルールをぼんやりと知っている程度だったので、この本を選んだのは失敗だったかもと思ったのですが、それは違いました。どんでん返しの巧さに舌を巻くばかり。どんでん返しと言っても単なるミステリーの技巧ではなく、もっと深みのあるものです。大きな経験をしたときに、物の見方が変わることがありますが、そんな感じです。一話の「弱い者」が一番の好み。主人公が対戦した棋士には、あっと驚く秘密がありました。それを知ったときに感動が込み上げてきます。2024/07/02

mayu

29
将棋をテーマにした5編の短編集。初回特典「指しかけ」も読めて良かった。将棋のルールなど全く将棋に詳しくない私でも十分に楽しめたし、この後の結末は…と読み始めると謎の結末が気になって一気に引き込まれる。詰将棋の「ミイラ」と駒師の話「恩返し」が好きだった。将棋の駒を作る駒師という仕事は初めて聞いたので興味深かかった。盤上で繰り広げられる自分の運命をかけた戦い、後がない焦り、強ければ一目置かれ勝てなくなれば消えていく厳しい世界のリアルさを味わえる贅沢なミステリーだった。2024/06/02

けんけんだ

18
将棋の世界に生きる人たちを題材にした短編集。素晴らしい!ぐっと引き込まれる。「盤上の糸」はもう一回読まないと、まだ理解できていない2024/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21950343
  • ご注意事項