魔術師の杖 短編集① - 錬金術師グレンの育てし者

個数:1
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

魔術師の杖 短編集① - 錬金術師グレンの育てし者

  • 著者名:粉雪【著者】/よろづ【イラスト】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • インプレス NextPublishing(2024/04発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

〈あらすじ〉
『銀の錬金術師』
魔導列車や転移門を開発した天才錬金術師グレン、無機質な仮面に隠れたその素顔とは……レイメリアやレオポルドと過ごした束の間の幸福、不器用な彼の生きざまを綴る。デーダス荒野での召喚から、ネリアとの暮らしについても触れた書き下ろしの一編。
『初等科教諭ウルア・ロビンス』
シャングリラ学園の初等科教諭ウルア・ロビンス。丸眼鏡に口ひげの彼は魔法陣研究をするかたわら、教師の仕事をしている。学園で過ごす錬金術師の卵たちが起こす騒動に、ロビンス先生はゆっくりお茶を飲むヒマもないようで 
『黒の皇太子』
魔術学園に入学した少年ユーティリスと、サルジアからの留学生リーエンの出会いと交流、そして悲しい別れ。竜王との契約〝赤の儀式〟、エクグラシアで魔力持ちが覚える〝消失の魔法陣〟が生まれた理由、大人になって彼が知るリーエンの想いとは……。
『青の少年』
表紙に初登場した灰色の魔女ヌーメリアと、青い髪の少年アレク。故郷リコリスの町に帰省した彼女に、なんと縁談が舞いこんできた。〝錬金術師らしいやり方で、自分の運命を捻じ曲げておいで〟……師団長の言葉に従い、彼女は甥のアレクを助手にして何やら作りだす……本編未収録だった連載初期のエピソードを加筆収載。
『赤の錬金術師』
「二巻のちっちゃいユーリが懐かしい、彼の話を読みたい」との読者からの熱烈な声から生まれたエピソード。錬金術師ユーリが、王城に不慣れなネリアとヌーメリアを案内して向かった先は……。〝黒の皇太子〟の後日談、チョーカーが外れて彼がまず直面した問題とは。
『銀の魔術師』
きらめく銀髪を背に流し、泣く子も黙る厳しい魔術師団長レオポルド。グレン亡き後、新しい師団長になるのは誰でもいいと思っていた。ところが城にやってきたのは、とんでもない女で ──初夏の出会いから冬にかけての、本編から飛び出たこぼれ話五編を加筆して収載。甘くないけど甘い、ネリアとレオポルドのじれじれな日常。

〈著者からの一言〉
初の短編集は辛口スパイシー。時系列を本編より過去に置き、錬金術師グレンの話を新たに書き下ろし、本編では読めないユーリやヌーメリアの過去にまつわる話や後日談、ネリアとレオポルドのじれじれな話をお届します。オドゥとユーリが表紙となる八巻につながるエピソードもたっぷりです。

目次

『銀の錬金術師』
『初等科教諭ウルア・ロビンス』
『黒の皇太子』
『青の少年』
『赤の錬金術師』
『銀の魔術師』