東京となかよくなりたくて

個数:1
紙書籍版価格
¥2,420
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

東京となかよくなりたくて

  • 著者名:satsuki【画】/月水花【文】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 月と文社(2024/03発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 550pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784911191002

ファイル: /

内容説明

東京を舞台にした50の短編とイラストで構成する「大人向け絵本」。全編にJ-POPの「エアBGM」付き

上京してきたこと、社会人として働くこと、人間関係での痛みや喜び…東京に触れた人たちの身に覚えのある感情と風景を優しく描いた「大人向け絵本」。下北沢、渋谷、銀座、上野…東京の街や春夏秋冬を舞台に、上京してさまざまな人生を送る男女の日常を切り取った50編の「イラスト&1ページ短編」を収録しています。
全編に昭和・平成・令和のJ-POPのタイトルを1曲ずつ添え、読みながら「エアBGM」を楽しめる新感覚の本です。全編英訳つきで、日本好きの海外の方や、英語好きな方にも手に取っていただきたい1冊です。

【著者】
satsuki
石川県出身。東京を拠点に活動し、書籍の表紙などを手がけるイラストレーター。

月水 花
千葉県出身。東京を拠点に編集・執筆の仕事の傍ら創作活動を行う。

目次

Part1 東京の街
下北沢/上野/築地/原宿/六本木/渋谷/表参道/新宿/神楽坂/銀座

Part2 東京の春
朝のサングリア/私のなかの七福神/5月の風/東京の恋愛/道を拓ける人/かわいさの絆/おにぎりの匂い/目が合ったから/新しい人格/泡みたいな幸せ

Part3 東京の夏
意識してる?/夏の家飲み/追い詰められない世界/自分へのハードル/クラブ行こうよ/優しい世界に/電波時計をバグらせて/ささやかな主張/好きなタイプ/美学に反するから

Part4 東京の秋
熟成のカフェ時間/至福のコンビニ/ビストロランチ/共通点/希望のアイテム/Fの眼差し/粛々と/搾取されない自分/こうしてる間にも/今ここに

Part5 東京の冬
土曜日のバタートースト/ほつれたセーター/手をつなぐ/夜のバス旅/おしゃれじゃない本棚/歴史上の大切なひと/大人の顔に/謎の置き物/訳ありの私たち/生きていく理由

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Karl Heintz Schneider

23
地方から上京してきた若者たちが東京に馴染もうとする様子を描いた短編集。東京で生まれ東京で育った私には窺い知れない心の内が描かれている。「私のおしゃれの目標は平日に表参道を歩いていそうな人。」えっ!そうなの?あのあたりはお墓参りの帰りによく通るけどそんなこと一度も意識したことがない。「土日にスタバで仕事や勉強している人とかを見ると気を抜くと東京に振り落とされちゃうと思う。」いやいや、考えすぎでしょ。逆に平日は遊んでるかもしれないし。東京にだっておしゃれじゃなくて土日は遊び惚けている人もいる(ボクのことです)2024/04/30

もちこ

6
東京で暮らす中で感じるモヤモヤのやり過ごし方や、街歩きの楽しみ方など、イラストと文章(日本語、英語)とイメージBGMが1セットになった、おしゃれな短編集。 50の文章に、それぞれ記載されたイメージBGMは、YouTube Musicでプレイリストとして公開されている。(でも曲がないのも結構あったので、私はAmazon Musicで検索して聴きました。) BGMを聴きながら文章を読むと、よりおしゃれな雰囲気に浸れるのでオススメ。 本棚に面差ししてあるだけでもおしゃれ。2023/12/20

三編 柚菜

5
ふらっと立ち寄ったお店やカフェで思いもかけず自分の好みに出逢うような、そうしたたくさんの可能性を秘めた大人向け絵本です。絵本といえど、本作の魅力は一つ一つの短編にソレにぴったりな音楽が付随していることです。シティポップから最新チャートまで。街中を歩いているとき、何気なく流していたプレイリストの曲がマッチすることがある。そうした瞬間、目の前の景色は全く別の色を持つことがありますよね。読みながら、何度も付箋を貼りたくなる篇がありました。私の好みは「謎の置き物」。satsuki氏のイラストも可愛らしいです✒️2023/12/02

shun

3
東京で仕事をしていた20代の頃を思い出した。 どちらかというと辛い日の方が多かったが、今思えば楽しさや切なさ等色んな感情を抱きながら日々過ごしていたよな、と思えた。2023/12/29

二浪人ファーストアウト

2
◆各短編に付いてるBGMのセレクトも自分好みで良かった。途中から帯のQRコードを読み取って、プレイリストを聴きながら読みました(笑) ◆なんとなく、「コロナのなかった2020年代の東京」としても読めるかなーと思ったり。 「大谷翔平」は出てくるけど、「コロナ」は出てこない。そんな’20sの東京で生きる若者の独白集です。2024/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21661185
  • ご注意事項