創元推理文庫<br> 金庫破りとスパイの鍵

個数:1
紙書籍版価格
¥1,320
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

創元推理文庫
金庫破りとスパイの鍵

  • ISBN:9784488222093

ファイル: /

内容説明

第二次大戦下のロンドン。テムズ川で、鍵のかかったカメオ付きのブレスレットをつけた女性の遺体が発見された。金庫破りのエリーは、軍情報部のラムゼイ少佐の依頼でその鍵を解錠する。カメオから見つかったものと女性が毒殺されていたことから、彼女はスパイ活動にかかわっていたと判明。エリーは少佐に協力し、殺人事件の謎と、死んだ女性の背後にいると思しきドイツのスパイを探りだすことに。手がかりは、女性が隠し持っていた宝石と、小さな時計の巻き鍵だけ――。凄腕の金庫破りと堅物の青年少佐、正反対のふたりを描く人気シリーズ第2弾!/解説=大矢博子

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナミのママ

64
シリーズ2作目。第二次世界大戦下のロンドン。伯爵の血を引くラムゼイ陸軍少佐と殺人犯の母から生まれた金庫破りのエリー。交差するはずのない2人の人生が重なった前作に続く今作はドイツのスパイが絡む。国を守るための事件になんとオールキャスト登場で挑む後半は読み応えたっぷり。進展しそうでしないロマンスも気になる。3作目の翻訳も決まったとのことで楽しみだが、解説にネタバレを入れるときはせめて一言書いて欲しい。これから読む方は読後まで解説を読まないことをお勧め。2024/05/01

ち~

33
テムズ川で見つかった女性の遺体。そこから発覚した敵国のスパイ活動。敵国にある物が渡るのを阻止するため、ラムゼイとエリーたちが再び集結。情報収集のため、ある時は婚約者、ある時は夫婦者を演じる2人に期待が膨らむも、アレレ?意外にもロマンスは複雑な様相を呈する。前作から続くエリーの母のエピソードや、ついに身近に迫ってきた空襲など、全てのページにハラハラ、ドキドキが詰まっている。戦時下でありついに空襲を体験し、暗い雰囲気も漂うが、逞しく団結するマクドネル一家が力強く素晴らしかった。2024/04/27

いいちゃん

8
★★★☆☆ロンドンが空襲にあい、戦時中なんだとハッとさせられる場面はあったものの全体のトーンは明るく、楽しく読了。ラムゼイ少佐が気持ちを見せないのがもどかしいわ~。少佐とフェリックス、どちらにも惹かれているエリーだけれど、少佐への気持ちは自覚しきってない為、絶妙のバランスで二股かけている女になっていない感じ。現在フェリックス寄りの関係が、どうラムゼイ少佐の方に傾いていくのか、興味津々。フェリックスの謎の仕事が鍵かしら?ロマンスに重きを置いて読んでしまったけれど、エリーの母親の話にも動きあり。次巻はよ。2024/05/14

ねこのすず箱

3
『金庫破りとスパイの鍵』 第二次大戦下ロンドン。情報部のラムゼイ少佐に協力する、金庫破りのエリーのお話。彼女がなぜかっこいいのか考えると、自分の存在や行動に自信があるからかなあと思った。自分に恥じない行動を、状況を問わず取り続ける姿は眩しい。今作はフェリックス優勢。過去を調べるのを助けたり、一番危険な時に近くにいたり。少佐勝ち目ある……?不安材料は不穏な仕事くらい。空襲の場面、受け止め方がとても等身大で、戦争が我が身に迫る時、日常とも普段の自分とも地続きなのだなと思ったりした。メリウェザーがとてもすき。2024/05/08

さかちぃ

3
「フランスで負傷したとき、もう二度ときみとこのソファに座って蓄音機でレコードを聴くことはできないと思った。それが、いまこうしていると、世界のすべては大丈夫って気がしてくる」面白くって忘れちゃうけど、これは第二次世界大戦下1940年の話。主人公も兵士のために靴下を編み、街中で若い男性の姿も少なくなったとか、疲れた体のために紅茶に今日と明日の分のお砂糖を使い…といった描写も出てきます。ぐいぐい引き込まれてあっという間に読んでしまいました。母の死にまつわる謎、自身の恋愛問題も同時に進行。今後も楽しみ♪2024/05/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21866244
  • ご注意事項