実験医学増刊<br> オルガノイドがもたらすライフサイエンス革命 〈42〉 - あなたの研究に、どう使う?進化と深化を生む未来型研

個数:1
紙書籍版価格
¥6,160
  • 電子書籍

実験医学増刊
オルガノイドがもたらすライフサイエンス革命 〈42〉 - あなたの研究に、どう使う?進化と深化を生む未来型研

  • 著者名:武部貴則【編】
  • 価格 ¥6,160(本体¥5,600)
  • 株式会社羊土社(2024/03発売)
  • ポイント 56pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784758104173

ファイル: /

内容説明

生体を高度に再現可能となったオルガノイドの現状と,ゲノム編集・イメージング…など異分野技術と組み合わせて精密医療・再生医療・創薬などで実際に活用する方法までを最先端の研究事例とともに解説しました.

目次

【目次】
序にかえて オルガノイド生命医科学研究の衝撃
Overview 図で見るオルガノイド研究のいま
概論 iPS細胞とオルガノイドが切り拓く生命科学の未来

第1章 オルガノイド創出技術の最新動向―組織幹細胞から多能性幹細胞,正常から疾患まで
1. 多能性幹細胞由来ヒト胚モデルで発生メカニズムに迫る
2. 生殖系オルガノイドの最前線
3. オルガノイド移植が切り拓く新しい消化管疾患生物学
4. オルガノイド培養を用いた肝臓および膵臓のEx vivo組織構築
5. 中枢神経系オルガノイドが拓く『創る』生命科学
6. 内分泌系オルガノイド―下垂体オルガノイドを中心に
7. ヒト多能性幹細胞を用いた蝸牛オルガノイドの作製
8. オルガノイドを用いた口腔機能再生研究
9. 腎臓オルガノイドの現在と未来
10. 三次元心組織の開発とその応用
11. iPS細胞由来軟骨オルガノイドによる再生治療法開発
12. 免疫系オルガノイドの現状と展望:免疫細胞療法や疾患モデルへの応用

第2章 オルガノイド生命医科学研究を飛躍させるテクノロジー
1. En masseオルガノイドパネルによる遺伝型-表現型解析
2. オルガノイドの形態形成シミュレーション
3. オミクスデータを用いた代謝シミュレーション法の基礎
4. CRISPRを用いた機能ゲノミクス解析
5. エピゲノム解析・編集とオルガノイド研究への応用
6. イメージングメタボロミクスを用いたがんの代謝システム制御機構の解明
7. ヒトiPS細胞由来心筋シートのトランススケール動態解析
8. オルガノイドとOrgan-on-chipの融合
9. オルガノイドの移植とライブイメージング
10. セルオミクスが実現するオルガノイドの全細胞解析

第3章 オルガノイド生命医科学研究が生み出す新領域の萌芽
1. 脳オルガノイド技術を用いた認知症研究への挑戦―次世代型認知症モデル脳オルガノイドの作製
2. オルガノイドを利用した消化器領域の再生医療の開発
3. オルガノイド技術とAIが加速する精密医療
4. オルガノイド研究の新たな展開―ヒューマン・メタバース医学の創成
5. オルガノイドが切り拓く腸内細菌学の新時代
6. 生命進化からみる腎臓オルガノイド研究
7. Organoid intelligenceへの挑戦

索引