海のプール:海辺にある「天然プール」を巡る旅

個数:1
紙書籍版価格
¥1,870
  • 電子書籍

海のプール:海辺にある「天然プール」を巡る旅

  • 著者名:清水浩史
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 草思社(2023/07発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794226631

ファイル: /

内容説明

海と太陽、透明感、静寂、自由――
きらめく「ノスタルジック・プール」の世界へ。
北海道から沖縄、豪州まで…
本邦初!野趣あふれる海のプール探訪記

海辺の岩場を掘ったり、海を必要最小限のコンクリートで囲ったりしてつくられた海のプール。
稀少種の「天然プール」であり、日本全国でおよそ二〇箇所現存する。
潮の満ち引きにより海水が自然に循環するプールで、その形状はみな個性的。
海の青とプールの水色のコントラストやその一体感は美しく、静寂と自由に充ちている。
海をこよなく愛する著者は、「はしご」するかのように全国すべての海のプールを巡る。
夏も冬も、悪天候の日も──
心のおりが洗い流され、生きる悦びが込み上げてくる、珠玉、異色の旅エッセイ。

<目次より>

第1章 海のプール 海岸編

プール「はしご」旅
「猫地獄」からのダイブ──鴨ヶ浦塩水プール(石川県輪島市)
「海の喫茶店」を愉しむ──米ノ海水浴場(福井県越前町)
三つ葉のような三つのプール──間人親水プール(京都府京丹後市)

ローカル線沿いのプール巡礼
“一〇〇メートルの極浅”を平泳ぎ──千畳敷天然海水プール(青森県深浦町)
こみ上げる寂寥──岩館海浜プール(秋田県八峰町)
断崖に浮かぶ「小さな海」──侍浜海水プール(岩手県久慈市)

第2章 海のプール 離島編

海のプールとその周縁
絶景、透明度…すべてが至高──あやまる岬海水プール(鹿児島県奄美市)

プール王国の島
広々とした野性的な海空間──海軍棒プール(沖縄県南大東村)
北大東島唯一のプール──沖縄海(沖縄県北大東村)

東京の島プール
美しき二つのプール──乙千代ヶ浜(東京都八丈町)
起源謎めく憩いの空間──トウシキ遊泳場(東京都大島町)

第3章 海のプール 新旧探訪編

北海道の新旧プール
安心して泳げる広大な新プール──厚田海浜プール(北海道石狩市)
愉しさ満点の新スポット──元和台海浜公園・海のプール(北海道乙部町)

鹿児島の絶景プール
最高の開放感──台場公園海水プール(鹿児島県枕崎市)
海との一体感を感じる──長崎鼻海水プール(鹿児島県いちき串木野市)

第4章 海のプール 番外編

一〇円プールと温泉プール
大人六〇円で贅沢なひととき──東雲市民プール(愛媛県新居浜市)
冷たい温泉をどこまでも泳ぐ──津黒高原温泉プール(岡山県真庭市)

真冬のプールへ
野趣あふれるリゾート──磯Sea Garden IKEJIRI(静岡県東伊豆町)
神に見守られた静かなプール──赤立神海水浴場(鹿児島県十島村)

シドニー・プール紀行

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yyrn

28
1年前に『写真集 POOL 世界のプールを巡る旅』を読んだ時、海水の入り込むプールが世界各地にあることを知り、ネットで検索すると日本では茨城県の姥の懐マリンプールしか見つけられなかったが、この本によれば、こんなにもたくさん(27箇所も)日本各地に個性豊かな海水プールがあったのかと驚く。嬉しい驚きの連続の中、まだまだ暑い日が続いているので出かけたくなったが、残念ながら近県にはないので今年はあきらめ、来年の夏に狙いを定めて、各地の海水プールを自転車で「はしご」して魚と一緒に泳ごう(夜は近くの温泉宿かw)。⇒2023/09/09

らん

24
もうタイトルからわくわくしながら読みました!私もローカル線沿いのプール巡礼してみたい!プールを巡るはしご旅は普通の旅では味わえない思い出になりそう笑 どの海のプールも魅力的だけれど、海のプールより猫地獄という場所が印象に残ってしまいました。そしてさらに印象的だったのは番外編の10円プールと幻の温泉プール!愛媛県すごい。昔通ったプールの値段は覚えてないけど10円は記憶に残りそう。大人も60円と良心的!そして岡山の津黒高原温泉プールは温泉を用いたプールで温泉の効用か泳ぎ続けても疲れないらしい?!気になります。2023/09/07

ようはん

22
海が深かったり砂浜が無いとか海水浴場に適した場所が無い時は岩場を削って海水を引き入れたプールを作る…そういう発想もあるのかと思った。大人になった以降は分からないけど子供の頃に海水プールがあったら良い思い出になっていたのは間違いない。2024/01/03

TI

4
写真集かと思いきや旅エッセイ。割と面白く読めた。2023/08/03

Humbaba

2
海辺にある天然のプールは、その解放感から非常に満足度が高い。勿論そのような場所がどこにでもあるわけではないため、しっかりと下調べしてから訪れる必要はある。簡単にはいけない場所かもしれないが、実際に行ってみればその手間をかけただけの価値はある。それだけの魅力を持っているからこそ、現在までずっと残っているともいえる。2023/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21362828
  • ご注意事項