東京名酒場問わず語り

個数:1
紙書籍版価格
¥1,760
  • 電子書籍

東京名酒場問わず語り

  • 著者名:奥祐介
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 草思社(2023/04発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794226464

ファイル: /

内容説明

銀座、浅草、湯島、大塚、神楽坂……
酒都・東京とっときの名店をお教えします。

居酒屋、立呑み屋から、バー、蕎麦屋、焼鳥屋、鰻屋まで、
老舗店を中心とした東京の名酒場を軽妙な文章でご紹介。
著者は批評家・福田和也氏が「よい酒場はみんなこの人に教わった」と評する御仁。
実際に店に通って親しんでいるからこそ描写できる、
現役ぴんの店、加えて今はなき名酒場の蘊蓄、逸話の数々――。
ページを繰れば呑みたくなること間違いなしゆえ、ご注意あれ。
名店リスト併録。

【本文より】
昼酒。
いいねぇ。大好き。
サラリーマンがそろそろランチを終えて席を立つころ、入れ違いにドアを押す。
「へへ、悪いね。あっしはこれから一杯やらせてもらうよ」なんて心でつぶやきつつ、独酌に具合の良さそうな席をさがす。「あすこ、いいですか」……運よく窓際のふたり席を確保する。ここなら相席はない。

【目次】
まえがき

東京の居酒屋四天王
昼酒礼讃
浅草呑み処案内
冷やの季節
ビール天國
銀座バー・フライ
今宵はマティーニ
スウィングしなけりゃ銀座じゃない
おぎりよ今夜も有難う
春日往来贔屓引倒
銀座の百年酒場
つまみ番付
花見電車ご休憩処案内
本家「ガールズバー」
一杯入魂
酒縁あり
ガード下がお待ちかね
立呑みでも・しか
浅草宵待ち散歩
居酒屋の相思相愛
わが酒都・大塚
銀座・焼鳥街道
東京駅で逢いましょう
神田ラビリンス
湯島界隈日暮れ酒
墨東ぞめき
春のカクテル
日本酒のカナヅチ
独酌の時間

あとがき
本書に登場する名店一覧 編集部篇

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かずぼう

28
よくこれだけの店に行っているものだ、著者も凄いが、さすが大東京。酒好きとしては面白く読めた。行きたいかって?行かないね、だって地元静岡の方が、魚が安くてうまいもん。東京で刺身とか頼むと、ええこの値段で、これっぽっちって経験、何度もしてるので。2023/06/13

Masakazu Fujino

8
行ってみたい店ばかり。美味しそう。2023/05/30

niz001

5
東京の店ばっかりなんは承知で購入。内容はともかく文章が合わず流し読み。2023/03/18

古本虫がさまよう

4
この本が出たのは2023年3月ごろ。著者は1956年生まれで.光文社の元編集者。福田和也さんが飲み友達? ざっくばらんな「口調」(筆調)で、東京各地の居酒屋巡りの体験を綴った書。 著者によると、東京の居酒屋の定義は以下のとおり。 1 日本酒をのませる店。ビールはあっても焼酎、洋酒はなし。 2 お燗器がありお燗番がいて、燗酒を供してくれる。 3 常連さんだけで成り立っているが一見さんを邪険にすることはない。 4 カウンター席があり、店の造りは簡素でほんとの和風。 2024/02/09

dungeonn

2
★3.3 2007年時点での都内の名酒場飲み歩き紹介。ちゃんと2023年度に閉店しているなどの情報もちゃんとあります。なにせ16年前の情報なのでえてして古い古典酒場ばかりなのは致し方ないですが、閉店しているお店のなんと多いことよ。本当にやってるうちに通わなければならないと、ひしひしとかんじてしまいました。2023/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20779392
  • ご注意事項