キャンパスの戦争 - 慶應日吉 1934ー1949

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,970
  • 電子書籍

キャンパスの戦争 - 慶應日吉 1934ー1949

  • ISBN:9784766428674

ファイル: /

内容説明

このキャンパスは戦場とつながっていた――。
目映い光に溢れる「理想的新学園」はやがて、アジア・太平洋戦争へと巻き込まれていく。青春を謳歌していた慶應義塾大学の予科生たちが学ぶモダンな校舎はいかにして兵士たちが行き交う空間となったのか。連合艦隊司令部地下壕で知られる日吉キャンパスの誕生より米軍からの返還までを描く「戦争とキャンパス」の昭和史。
慶應予科生たちは「戦争の時代」をどう生きたのか? 日吉台地下壕保存の会会長でもある、慶應義塾高校校長の著者が、戦争に翻弄された日吉開設から米軍による占領からの返還まで15年間の日吉キャンパスの校舎の記憶を掘り下げ、現在とのつながりを解き明かしていく。アジア・太平洋戦争と大学キャンパスの関係を辿る、大学史のみならず、戦争の時代に興味を持つ方必読の書。

「銀杏並木のゆるやかな坂道をのぼり、キャンパスを地上と地下の合わせ鏡で見つめると、思いもよらない風景が見えてくるだろう。これほど激しく戦争の時代に翻弄され、これほど大きく本格的な戦争の遺跡をもつキャンパスは他にあるだろうか。」(本書「はじめに」より)

目次

第一章 理想的学園の建設 1923-1934
第二章 クラシックとモダン 日吉第一校舎の肖像
第三章 予科の教育(前編) 予科生の日常の変遷
第四章 予科の教育(後編) 塾生のライフ・スタイル
第五章 学徒出陣まで 日米開戦と予科生
第六章 上原良司の「自由」 予科教育と学徒兵
第七章 陸の海軍 迷彩の校舎
第八章 キャンパスの戦争